またまた更新が遅れ気味ですいません!
なんだか人事やら何やらで会社もバタバタしておりまして……。

4月1日発売の作品、まずはコニー・メイスンの『偽りの一夜は罪の味』のご紹介です。


%8BU%82%E8%81%40%89%E6%91%9C.jpg

■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1

舞台は18世紀中葉スコットランドのハイランド地方。
地元領主の跡取りであるクリスティは、7歳のときに政略結婚でイングランド貴族の子息シンジン(14歳)と結婚させられ、その後、ふたりは顔も合わせないまま15年の月日が流れます。
成長したシンジンは、ロード・シン(罪な閣下)の異名をとるロンドンの社交界でも名うての放蕩者に。一方のクリスティは、地元の氏族から突き上げを食らい、名ばかりの婚姻を破棄して地元氏族と結婚するよう迫られて困り果てます。
こうなったら、夫を何とか誘惑して、子種を宿すしかない……。
クリスティは正体を隠したまま、謎の女性レディ・フローラとしてシンジンに接近。
シンジンは、クリスティの誘惑にのり、彼女に夢中になるのでしたが……。

毎度おなじみコニー・メイスン、今回の舞台はハイランドです。
コニーの近作のなかでは代表作との呼び声も高い作品でして、満を持しての登場ということになります。

ハイランド物といっても、ムキムキのハイランダーは登場せず、ヒロインのほうが氏族を取りまとめる領主の跡取りで、ヒーローは幼少時の政略結婚相手(イングランド人)という点では『獅子の花嫁』に近い設定ですね。
正妻が正体を隠して実の夫を誘惑する冒頭から、子作り大作戦が展開する前半戦と、プロットだてとしては、とても斬新かつ魅力的。いつも以上に長いスパンでお話が展開するのに、まったくダレることなく二転三転してゆくストーリーテリングのうまさには、本当に感心いたします。
Hot度もなかなかですが、当然ヒロインが××しているので、いつにない新鮮なシーンが多めかも。
あと、転地して田舎に来たとたん、やたら食いまくりででかくなってゆく腹ぺこヒーローという設定が楽しいです。
まあ、どうこういっても中身自体はいつものコニー節が炸裂ですので(笑)、ファンの皆様の期待は決して裏切りません。
なお本書には、コニーとしては珍しく、シンジンの兄ジュリアンを主人公とした続編が控えております。そちらも一作はさんでお届けする予定でございますので、お楽しみに。次回のコニーは先に、謎の廃墟をねぐらに暗躍する密輸商人(元貴族)をヒーローとする、愛と冒険の大活劇絵巻『Lord of the Night』を夏ごろにお届けする予定です。こちらもぜひお楽しみに!(編集J)

2010年4月10日 20:06

コメント(2)

Comment

  • 毎回たのしみにしているコニー・メイスン。
    今回もとても面白く読ませていただきました。
    いつものコニー節が炸裂しながらも、しっとりとしたムードも漂い、お気に入りの一冊となりました。

    兄のジュリアンの物語も楽しみです。
    今作を読んだ限りではジュリアン、辛い過去を背負っているみたいで・・・、幸せになっているであろう物語を早く読みたい!
    首を長くしてお待ちしております!!



    |y|2010年4月11日 15:04

  •  初めまして!『偽りの一夜は罪の味』凄く楽しく読ませて頂きました。このお話と私は何かとご縁がありまして…。出会いをお話しするのは長くなるのですが。4月21日、友人とアフタヌーンティーをするため京都の繁華街で待ち合わせをしていたのですが、時間より早めに着いた私は当たり前のように書店へと歩を進めていました。いつもは推理小説しか読まないのですがこの時は何故か恋愛小説のコーナーへ。そしてふと「新刊」の所に置いてあったこの本を手にしていました。何も考えずに後ろに描いてあるあらすじを読んでみると「クリスティ」という名前に惹かれました。私が尊敬するアガサ・クリスティと同じ名でしたから(笑)。その時は時間が迫ってきたのでそのまま本を元の所に置いて書店を出ました。そして1か月。彼とデートしていたときにもう一度この作品の事を思い出し、彼に手伝ってもらって探すことにしたのですが…。何と、題名と作者を覚えていなかったのです。勿論、慌てましたよ~。彼にも思い切り笑われましたし。そして1月半後にまたその本を最初に見かけた本屋へ行き、後ろのあらすじを一つ一つじっくり見て行きましたが…。やはりありません。仕方がないのでそこにあった本の出版社をメモして帰ってからインターネットで調べたら、ありました。ええ、ありましたとも。もう、感激どころの騒ぎじゃありませんでしたよ!即「セブンイレブン」で取り寄せて買いましたvそして読みました。もう最初から最後までドキドキが止まらずに本当に楽しく読む事が出来ました。それと次はジュリアンさんとエマちゃんの事も気になりますよね~!絶対に次作も買いますー! それでは長々と書いてすみませんでした。これからも末長くよろしくお願いしますねv 失礼しました。



    |前田 かおる|2010年7月25日 17:18

  • コメントする

    ページの先頭へ