9月のロマンス新刊は二点。もう書店でご覧いただけたでしょうか。
まずは、女王ノーラ・ロバーツ〈セブンデイズ・トリロジー〉、『未来に羽ばたく三つの愛』でいよいよ完結です!


stone_3sinn.jpg


■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1


成就不可能な愛の行方は……
本書の中心的キャラクターとなるのは、さすらいのギャンブラーであるゲイジと、野性的な美女シビルのカップルです。

ゲイジは、幼くして母を亡くし、アルコール依存症の父に虐待を受け、故郷を捨ててしまった過去を持っています。
他方シビルは、自由奔放な女性のように見えます。でも、昔は良家のお嬢様として育っていたのに父の自殺により家が没落し、その後は自らの明晰な頭脳を頼りに生きてきたという過去の持ち主です。

家族の愛情や家庭など信じていない放浪のギャンブラー。
人に弱みを見せず、あくまでもクールに振る舞うエキゾチックな美女。

人生を突っ張って生きてきたふたりが、運命の七月七日が近づくにつれてどうなるのか。
本シリーズ中、最も過酷な愛の試練にさらされることになるのですが……。(CN)

2010年9月 9日 20:24

コメント(1)

Comment

  • 今回の3部作はすごく読み応えがありました!ちょっと怖かったですが、すごく好きな3部作の一つになりました。
    ただ、とても残念なのが表紙です。シビルは黒髪(P23)で黒い瞳(P27)だったと思うんですが…。多分ゲイジも黒い髪だったような。表紙の二人誰?クインとキャル?って感じでした。せめて髪の色は合わせてほしいです。



    |ちゃおこ|2010年9月16日 19:49

コメントする

ページの先頭へ