今月の扶桑社ロマンス新刊は6月2日(土)に発売となります。今月は、大人気作家によるヒストリカル・ロマンスを2点お送りします。

メアリー・ワイン 香山 栞/訳
『猛き戦士のベッドで』
(原題 In The Warrior's Bed)
定価980円(税込)

発売後、すぐに品切れ即重版という圧倒的な売れ行きを示した前作『見知らぬ人のベッドで』に続く〈気高き花嫁たち〉シリーズ第二弾。舞台は1603年のスコットランド。領主の娘ブロンウィンは、貴族の令嬢でありながらも使用人のような扱いを強いられていました。そんな彼女の人生が、境界近くで馬上の魅力的な男性―カレン・マクジェームズに出会ってから一変することに……。

アンドレア・ピケンズ 伊勢由比子/訳
『誘惑された女神』
(原題 Seduced by a Spy)
定価980円(税込)

こちらは19世紀初頭の英国で、美貌の女スパイが活躍する〈マーリンズ・アカデミー〉シリーズ第二弾です。シャノンは大変優秀だが少し向こう見ずなところのあるアカデミーの生徒。フランス人暗殺者を追ってアイルランドに向かった彼女は、そこでかねてより因縁のある謎のロシア人オルロフと鉢合わせすることに。しかしそこで彼に命を助けられたうえ、二人で共同任務につくことになって……

どちらもシリーズ第二弾ではありますが、
単独で読んでいただいても全く問題のない仕様となっております。
ぜひお楽しみに!

2012年5月27日 15:16

コメント(0)

Comment

コメントする

ページの先頭へ