2012年08月23日
新刊案内

ハイランダーにとらわれて

今月のもう一冊は、ジュリアン・マクリーン『ハイランダーにとらわれて』
宙出版さんのメインの一人だった作家さんですが、今回はハイランダーものです。


%83n%83C%83%89%83%93%83_%81%5B%8F%AC%89%E6%91%9C.jpg


■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1


あらすじはこんな感じです。

1716年。イングランドの公爵である父を亡くしたアミーリアは、婚約者と結婚するためスコットランドの砦を訪れるが、〈ブッチャー〉の異名をとるハイランドの戦士ダンカンによって誘拐されてしまう。
恐怖と怒りにかられながらも、いつしかダンカンの男性的な魅力に惹かれていくアミーリア。一方、復讐のための道具として彼女をさらったはずのダンカンも、その勇敢さと美貌に心を動かされて……。
旅の果てにふたりを待ち受ける運命とは? 
大人気作家が贈る波瀾万丈のスコティッシュ・ロマンス!


「これが最後の警告だ。俺は脱げと言った――それでも、おまえがあくまで逆らいつづけるなら、次になにをするか、責任を持てないぞ」
「だったら、わたしもこう言うわ。必要なら百回だってくり返してあげる。答えはノーよ」

月夜に現われた、巨大な斧をもった筋骨隆々のハイランダー。
抵抗の余地もなく、誘拐されてしまう公爵令嬢。
まさにハイランダーもの!! といわんばかりの導入から続く、決死行。
何度も命がけで抵抗しては、組み伏せられる気丈なヒロイン、アミーリア。
そんななか、彼の復讐にかける思いと誠実な人柄に触れて、いつしか心惹かれてゆくアミーリアでしたが……。

中盤で、逃げ切ったヒロインが保護を求めて開明派のスコットランド貴族のもとにたどり着くのですが、ここから驚くべき展開が待ち受けております……まあ、よくある展開かもしれませんが(笑)。終盤の救出劇も盛り上がります。
王道のご満足をお約束できる、ウェルメイドのハイランダーもの。
あと、ちょこっと今回は表紙、頑張ってみました! おそらくコニー・メイスンの『愛は砂漠の夜に』以来、ウン年ぶりの男性表紙でございます……。
ぜひ、ご一読を!(編集J)


投稿者romance: 22:47

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.fusosha.co.jp/blog/mt-tb.cgi/945

コメント




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)