2012年08月21日
業界ニュース

メイヴ・ビンチーさん逝去

少し古い話題になってしまい恐縮ですが、弊社でも何冊かご紹介させていただいた大切な作家さんなので、ブログにアップしておきます。

去る7月30日、アイルランドを代表する女流作家、メイヴ・ビンチー(Maeve Binchy)さんが亡くなられました。享年72。病室で、愛する夫君に看取られつつ最期を迎えられたとのことです。
本国のみならず、全世界で4000万部を超える売上を記録している、真の大ベストセラー作家さん。

ビンチーさんは、扶桑社ウィミンズ・フィクション路線のメイン作家として、当時の弊社レーベルを支えてくれた存在でもありました。初期、「モーヴ・ビンキー」の名称で刊行していましたが、その後、現地読みに合わせて変更した経緯があった(扶桑社では比較的珍しいケース)のを、今でも覚えています。

すでに、海外のニュースやウィキペディアなどでは、訃報についての各人のコメントや、死の前に遺したメイヴの言葉などが紹介されていて、いかに愛された作家さんだったかが偲ばれます。

以下の本は、弊社も含めて概ね絶版かと思われますが、図書館などで、機会があればぜひお読みいただけると嬉しく思います。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。(編集J)

(長編作品)
Light a Penny Candle (1982) 祈りのキャンドル(上・下) 竹生淑子 訳 扶桑社ロマンス
Echoes (1985)
Firefly Summer (1987)
Silver Wedding (1988) 銀婚式 安次嶺佳子 訳 扶桑社ロマンス
Circle of Friends (1990) サークル・オブ・フレンズ(上・下)中俣真知子 訳 扶桑社ロマンス
The Copper Beech (1992)
The Glass Lake (1994) グラスレイク(上・下)吉澤康子 訳 扶桑社ロマンス
Evening Class (1996) イヴニング・クラス(上・下) 安次嶺佳子 訳 扶桑社ロマンス
Tara Road (1998) タラ通りの大きな家(上・下)安次嶺佳子 訳 扶桑社ロマンス
Scarlet Feather (2000) 幸せを運ぶ料理店(上・下) 安次嶺佳子 訳 扶桑社ロマンス
Quentins (2002)
Nights of Rain and Stars (2004)
Whitethorn Woods (2006)
Heart and Soul (2008)
Minding Frankie (2010)

(短篇集 邦訳のあるもののみ)
The Lilac Bus (1984) ライラック・バス ハーディング祥子 訳 青山出版社
This Year It Will Be Different: And Other Stories (1996) クリスマスの食卓 ハーディング祥子 訳 アーティストハウス


投稿者romance: 21:14

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.fusosha.co.jp/blog/mt-tb.cgi/943

コメント




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)