2012年08月31日
新刊案内

扶桑社ロマンス新刊のお知らせ

扶桑社ロマンスの新刊が9月3日(月)に発売となります。
今月は、大物作家による読み応え十分のロマンスを2点お送りします。

カレン・ローズ 伊勢由比子/訳
『闇に消える叫び』(上・下)
(原題Scream for Me)定価各920円(税込)

ジョージア州で起きた女性惨殺事件を調査する特別捜査官ダニエル。そんななか、行方不明の義妹を探して調査局を訪ねてきた看護師のアレックス。二人は出会った瞬間に惹かれ合います。しかし、悪夢のような連続殺人劇はまだ始まったばかりでした……。「ロマンティック・サスペンスの女王」の異名をとるRITA賞作家が、圧倒的なスリルと緻密な構成で贈るラブ・サスペンス!


シャノン・ドレイク 村上真帆/訳
『エメラルドの誘惑』
(原題Emerald Embrace)定価1050円(税込)

こちらは、大人気作家ヘザー・グレアムが別名義で贈るゴシック・テイストのヒストリカル・ロマンス。親友の不可解な死の真相を突き止めるため、遠路アメリカからスコットランドの古城を訪れたマーティス。彼女を待ち受けていたのは妖しい魅力を放つ古城の城主ブルースでした。やがて城内では奇妙な事件が続発して……友人の死の真相とは? そして失われたエメラルドの行方とは?

ぜひ、お楽しみに!



投稿者romance: 12:51

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.fusosha.co.jp/blog/mt-tb.cgi/946

コメント

カレン・ローズの「誰にも聞こえない」「闇に消える叫び」および次作「Kill forMe」は完全に同時期の続きものみたいですね。2年も間があると忘れてしまいます。早く出してください。お願いします。前々作から出版社が違い翻訳者も違うので、同一人物の表記が違っています。扶桑社がその後の版権を獲得されたとか!早い出版を切におねがいします。

投稿者 Noname :2012年09月16日 10:52

カレン・ローズの作品は既刊の内容とのつながりが濃くて単品では読めません。出版社が違ったり期間があいたりするとちょっとつらいです。最初から扶桑社さんだったらな…とか思ってしまいます。ノーラ・ロバーツのようにさくさくっと出してもらえたらなあ…とか思ってしまいます。カレン・ローズとアリスン・ブレナンのシリーズの登場人物を混同してしまったりとか…。ちなみにブレナンは5年ぶりに○○社から出ます。3か月連続刊行です。扶桑社さんも頑張って!よろしくお願いします。でも続刊がほぼ完全にとぎれてしまっている出版社もある中本当はいろいろと頑張ってくれてるんですよね…。

投稿者 megu :2012年09月22日 14:21




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)