2013年05月28日
新刊案内

優しい心に包まれたくて

また更新が遅くなってしまい、申し訳ありません。
今月の新刊二点、もうお読みいただけましたか?
まずは、人気作家ルーシー・モンローによるヒストリカル・ロマンス三部作の最終編。
『優しい心に包まれたくて』のご紹介です。


9784594068073.jpg


■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1


お話はこんな感じです。

社交界で野獣卿の異名を取る子爵ジャレッドは、妹が催したパーティで公爵夫人カランサと対面する。
最近なくなった友人の遺言で、残された娘の成育をカランサに託すためだった。
その会場で彼は思いがけないカランサの優しさに触れ、彼女を我がものにしたいという衝動を覚える。
一方、カランサは天使と呼ばれる美貌の持ち主だが、夫を亡くしてからは心を閉ざしていた。しかし、彼女も初対面でジャレッドの優しさを見抜き、彼に強く惹かれてしまう……。
〈ラングリー伯爵家三部作〉最終第三巻。

今回のヒーロー、ジャレッドは、第一巻『心のベールに触れられて』のヒロイン、シーアの双子の兄、第二巻『切ない想いが伝わらなくて』のヒロイン、アイリーサの異母兄に当たります。
オーソドックスな『美女と野獣』のフォーマットですが、メアリーと娘がかましてあるところがお話のみそ。
旧作のヒーロー&カップルも登場し、通しで秘められていたミステリー要素にも解決がつけられ、大団円にふさわしい内容となっております。
時に売上が伸びず中絶してしまうシリーズもあるなか、なんとか最後までご紹介できて、ほっとしております。(編集J)


投稿者romance: 21:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.fusosha.co.jp/blog/mt-tb.cgi/996

コメント




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)