2013年07月24日
新刊案内

恋人たちの輪舞(ロンド)

今月発売のロマンスはもう読んでいただけたでしょうか。
まずは、女王ノーラ・ロバーツの〈イン・ブーンズボロ〉トリロジー最終巻。『恋人たちの輪舞(ロンド)』のご紹介です。


%97%F6%90l%82%BD%82%BF%82%CC%97%D6%95%91.jpg


■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1

あらすじは、こんな感じです。

建築会社の現場主任ライダーは、最近気分のすっきりしない日々を送っていた。
原因は大晦日にホープと交わした新年のキス。それ以来彼女のことが気になってならないのだ。
かつては大都会のホテルで働いていたが、恋人に裏切られた結果、心機一転〈イン・ブーンズボロ〉の支配人になったホープ。彼女もまた、ライダーに惹かれる自分を意識していた。
そんなある日、ホープとライダーは〈イン〉の客室に閉じ込められてしまう……。
改修された宿でカップル達が迎える大団円。シリーズ第三作最終巻!

いよいよ、ノーラの経営する実在のホテル、〈イン・ブーンズボロ〉や、やはりノーラの家族がかかわっているイタリア料理店〈ヴェスタ・ピッツェリア〉や書店〈ターン・ザ・ページ〉を舞台としたシリーズも最終話。
今回は、完成なった宿の女支配人ホープと、モンゴメリ兄弟の長兄ライダーの恋物語。
一作目から、まあこの二人はくっつくだろうという感じがしてましたけどね。

今回も、恋の幽霊リジーは大活躍。
愛の宿は、それぞれの幸せな結末を包み込んでいきます。
未来への希望(ホープ)にあふれた、素晴らしいエンディングをぜひご堪能ください!

なお、今後のノーラ作品紹介についてですが、
うまくいけば、8月末ごろに、上下巻で巨編ロマンティック・サスペンスをお届けできる予定です。
お楽しみに!(編集J)


投稿者romance: 21:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.fusosha.co.jp/blog/mt-tb.cgi/1009

コメント




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)