2013年9月アーカイブ

扶桑社ロマンスの新刊は、棚卸の関係で発売がいつもより早まり、本日9月26日(木)の発売となります。ご了承下さい。
今月は、前作が評判を呼んだエロティック・ロマンスの続編と、気鋭の新人によるリージェンシー・ロマンスの計2点をお届けします。

ティファニー・クレア 鮎川由美/訳
『伯爵夫人の秘かな愉しみ』
(原題 The Seduction of His Wife)本体914円+税

15歳の若さでアズベリー伯爵リチャードと結婚したエマ。夫は初夜の契りを交わした翌日、エマを残して外国に旅立ってしまいます。それから12年。美しき伯爵夫人として成長したエマは画家としても成功を収めていました。しかしとある人物に脅迫されるはめになって出向いた娼館で、彼女はリチャードの姿を目にすることに……『ハーレムに堕ちた淑女』に続く官能のエロティック・ロマンス!


ヘザー・スノウ 高里ひろ/訳
『甘美なる誘惑』
(原題 Sweet Enemy)本体1000円+税

科学者として女性初の王立協会員を目指すリリアナ。彼女は父の死の真相を求めてストラトフォード伯爵家に近づくことを決意します。折しも伯爵家では、新たに爵位を継いだジェフリーの花嫁選びが進行中。パーティーの参加者を装いながら屋敷を探索していたリリアナは、夜の図書室でジェフリーに出会い急速に接近することになりますが……ジュリー・ガーウッド絶賛の傑作リージェンシー!

ぜひ、お楽しみに!

2013年9月26日 05:15 | | コメント(1)

今月のもう一点は、新星マンダ・コリンズのリージェンシー・ロマンス、『公爵と愛のワルツを』
ジュリー・アン・ロング絶賛、セント・マーティン一押しのデビュー作です。

koushaku.jpg

■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1
あらすじは、こんな感じです。

十九世紀初頭のロンドン。
〈エジプトクラブ〉は会員の妻以外の女性には門戸を開いておらず、クラブ創設者の娘で象形文字の専門家であるセシリーですら門前払いを食わされてしまう。
しかし秘書失踪事件でかけられた父への疑いを晴らすためには、どうしてもクラブに入って父の日記を探す必要がある。
そこで会員と結婚するしかないと考えたセシリーは、失踪した秘書の兄であるウィンターソン公爵と手を組み、花婿選びに協力してもらうことにするのだが。


エジプトクラブとはなんとなくエキゾチックな響きですが、摂政時代、実際にロンドンでは古代エジプトブームが到来していました。本書はそんな時代背景に基づくお話で、実際には乗馬にダンス・パーティー、音楽会と、華やかなロンドンの社交場を舞台とした、いかにもリージェンシーらしいお話となっています。
学究肌の、勝ち気ではあるが男性慣れしていないヒロインと、公爵になりたての真面目なヒーローの織りなす恋物語は、本国であっという間に四冊を刊行するにいたった彼女の実力のほどを示しています。
まあデビュー作ということもあって、細部に関してはアラやミス、設定上の矛盾も散見されるのですが(このへんは作家というより編集者の責任だと思う)、それを補って余りあるくらい王道のロマンスとしての面白さはあるのではないかと思っております。

このあと、本作にも登場したジュリエットとマデリンのお話が続き、トリロジーを形作っています。本書がそこそこ売れてくれれば引き続きご紹介できると思いますので、何卒よろしくお願いいたします。(編集J)

2013年9月26日 00:20 | | コメント(0)

今月発売の扶桑社ロマンス、もう読んでいただけましたでしょうか?
まずは、ロマンスの女王ノーラ・ロバーツによるロマンティック・サスペンス巨編、『孤独な瞳の目撃者』(上・下)のご紹介です。


kodoku.jpg


■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1

■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1

あらすじはこんな感じです。

エリザベスは、シカゴで外科医をしている母親が精子バンクでドナーを選び、人口授精により誕生した。優れた頭脳と美しい容姿にめぐまれたが、彼女の日常は、母親が綿密に組み立てたスケジュールに従うだけの生活だった。
そんな彼女が初めて母親に反抗する。髪を染め、身分証を偽造してロシアン・マフィアとの関係が噂されているナイトクラブへ出かけたのだ。
カクテルに酔い、ハンサムなロシア語訛りの男性に誘われて、気がつくと彼女は川辺の邸宅にいた。そこで彼女は殺人現場を目撃してしまう……。

十二年前のあの事件以来、エリザベスは孤立無援の長い逃亡の日々を送ってきた。
そしていま、彼女はアーカンソー州の豊かな自然にめぐまれた田舎町に居を構えていた。そこで彼女は地元の警察署長ブルックスと出会う。
彼はエリザベスが全身から発する言葉にならない言葉を鋭く感じ取っていた。"わたしを見ないで"、"わたしに気づかないで"。
気さくで温和だが、粘り強い男ブルックスが彼女に接近を開始する……。
デビューから三十数年、ロマンス小説の女王N・ロバーツ200作目の記念碑的力作!


というわけで、久しぶりのノーラの本格ロマンティック・サスペンスです。
しかも、お題は「身を潜めて生きる目撃証人」という、むしろノーラより後発の作家たちが好んで用いてきたスキーム。
ただ、あえてこういう設定にしながら、アルファな元軍人が出てきて助けてくれるような展開にはしないところが、ノーラらしいのでは。結局、ノーラのヒロインは「守られる女」であることに安住しませんし、ヒーローは、力ではなく、もっと大きな包容力によってヒロインを支えることになるのです。

ノーラにとっては、本作がデビュー以来200冊目の作品とのこと。カテゴリー・ロマンスではなく、ペーパーバックの三部作からハードカバーの大長編まで、圧倒的な文章量を書き続けてのこの数字。ほんとにすごい作家さんです。
全世界で、今でも圧倒的な差でロマンス市場の売上ナンバー1を維持している真のトップ作家だからこそ、成し得た数字なのでしょう。
ぜひこの機会に、皆様もノーラの過去作で読み逃しているものをお手にとってみてはいかがでしょうか。

一応、扶桑社ロマンスのうち、ノーラ・ファンとしてマストだと思われるのは、
『モンタナ・スカイ』(上・下)、『サンクチュアリ』(上・下)
〈シーサイド・トリロジー〉の『海辺の誓い』『愛きらめく渚』『明日への船出』
〈海辺の街トリロジー〉の『情熱の赤いガラス』『心やすらぐ緑の宿』『夢描く青いキャンバス』
あたりでしょうか。

来年には、弊社のノーラ・ロバーツ作品も通巻100巻を数えます。
その際には、なにかいろいろとできたらいいなあと思っておりますので、ぜひお楽しみに!(編集J)

2013年9月26日 00:15 | | コメント(0)

ページの先頭へ