2013年09月26日
新刊案内

扶桑社ロマンス新刊のお知らせ

扶桑社ロマンスの新刊は、棚卸の関係で発売がいつもより早まり、本日9月26日(木)の発売となります。ご了承下さい。
今月は、前作が評判を呼んだエロティック・ロマンスの続編と、気鋭の新人によるリージェンシー・ロマンスの計2点をお届けします。

ティファニー・クレア 鮎川由美/訳
『伯爵夫人の秘かな愉しみ』
(原題 The Seduction of His Wife)本体914円+税

15歳の若さでアズベリー伯爵リチャードと結婚したエマ。夫は初夜の契りを交わした翌日、エマを残して外国に旅立ってしまいます。それから12年。美しき伯爵夫人として成長したエマは画家としても成功を収めていました。しかしとある人物に脅迫されるはめになって出向いた娼館で、彼女はリチャードの姿を目にすることに……『ハーレムに堕ちた淑女』に続く官能のエロティック・ロマンス!


ヘザー・スノウ 高里ひろ/訳
『甘美なる誘惑』
(原題 Sweet Enemy)本体1000円+税

科学者として女性初の王立協会員を目指すリリアナ。彼女は父の死の真相を求めてストラトフォード伯爵家に近づくことを決意します。折しも伯爵家では、新たに爵位を継いだジェフリーの花嫁選びが進行中。パーティーの参加者を装いながら屋敷を探索していたリリアナは、夜の図書室でジェフリーに出会い急速に接近することになりますが……ジュリー・ガーウッド絶賛の傑作リージェンシー!

ぜひ、お楽しみに!


投稿者romance: 05:15

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.fusosha.co.jp/blog/mt-tb.cgi/1023

コメント

いつも扶桑社ロマンスを楽しみにしています。
「甘美なる誘惑」あまりにも面白いのでびっくりしました。今までに多くのヒストリカルロマンスが出ていますが、ミステリ絡みの長編ロマンスでは今までヒットがなかったです。魅力的なキャラの描き方が王道ながらも新鮮で、読み始めたらノンストップでした。
今年読んだ中でもダントツの面白さでした!ぜひ、続編を早く読みたいので、刊行していただきたいです。

投稿者 Noname :2013年10月01日 20:51




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)