2014年2月アーカイブ

今月のもう一冊は、『ストーンヴィル侯爵の真実』

いまや、ロマンス・シーンのトップにまで上り詰めた、「セクシー・リージェンシーの女王」サブリナ・ジェフリーズによる、新シリーズ〈ハルステッド館のヘリオン(あくたれ)たち〉シリーズの第一弾です。

 

Hellion1.jpg

  

■オンライン書店で購入する
amazonセブンネットショッピング楽天ブックサービスhonto

 

あらすじはこんな感じです。

 

バレンタインの舞踏会で、運命が動き出す。
放蕩の日々を送る侯爵の秘密とは?
官能的な女性との偽装婚約が真実をさらけ出す!

 

放蕩者として有名なストーンヴィル侯爵オリバー・シャープは、
祖母のヘティから一年以内に結婚しないなら財政支援を打ち切
ると告げられ慌てる。
自分の享楽的な生活ならあきらめるが、四人もの弟や妹を路頭
に迷わすことはできない。しかしオリバーが享楽にふけるよう
になったのも、ヘティが孫の結婚を強く望むのも、どちらも
過去の悲しい事件に端を発していた。
実在した貴族きょうだいをヒントに描かれる、
全米で圧倒的人気のリージェンシー・ロマンスの女王が放つ、
待望の新シリーズ第一弾! 

 

長らくお付き合いいただきました、〈修養学校〉シリーズもついに閉幕し、次なる新シリーズが始まります。ファンの方は何卒ひきつづき、ごひいきいただけますよう。最近は買っていなかったなあ、という方も、ぜひ仕切りなおしで手にとっていただけますよう、平にお願い申しあげます。

 

ともうしますのも、〈修養学校〉シリーズを出しはじめた頃のジェフリーズは、まだ上り調子のロマンス作家といった位置づけだったかと思いますが、いまやアメリカでもトップ5には入るロマンス作家へと成長を遂げているんですね。

実際、本シリーズの5作品はいずれもニューヨーク・タイムズのベストセラーのBEST10以内にはいり(2位とか、4位とか)、実売の面でポケットブックスを支える大看板の一人となっています。

ぜひ、皆様の眼と心で、彼女の人気の秘密と成長ぶりをお確かめいただけると嬉しく思います。

 

ただ新シリーズとはいえ、第一作のヒーローは、〈修養学校〉シリーズですでに登場ずみ。

そう、第五弾『恋に落ちた悪魔』で、笑気ガス・パーティの開かれている館の貸主として登場した、あのストーンヴィル侯爵オリバー・シャープです。

一部では、「マイケル様」の正体ではないかともいわれた、きわめて魅力的な放蕩紳士。著者の献辞を見てもわかるとおり、オリバーのキャラクター人気もあって、この新しいシリーズが生まれたともいえます。

 

「ここで何しているの?」

「ハルステッド館を出る際に、忘れものをしただろ」かすれた声でオリバーが言った。

「何?」

彼が意味ありげな足取りで自分のほうへ向かって来るのを見て、マリアはどきどきした。

「僕だ」   (p482)

 

 

内容的には、いつものサブリナ・ジェフリーズで、安心してお読みいただけます。

放蕩者でアルファな性格だが心にトラウマを抱えた打たれ弱いヒーローと、気の強い攻撃的な性格だが純朴で真摯な心根のヒロインの、丁々発止のラブロマンス。

〈修養学校〉シリーズで若干見られた、設定を盛り、話をこねくりまわしすぎる才走った感じが減って、「偽装結婚」という分かりやすい設定のなかで、ふたりの心理のあやを描写していきます。恋愛描写の手際は格段の進歩を示しているといっていいのではないでしょうか。

 

とくに、ラストでオリバーが見せる心からの愛の告白は、ぐっと胸にせまるものがあります。

HOTな描写も十分。それでいて品が良く、チャーミング。リージェンシーの王道をゆく本作をぜひごゆっくりお楽しみ下さい。

 

なお、本作に続けて、4月頭(3月末搬入)、6月頭(5月末搬入)と、隔月で本シリーズの第三弾までを矢継ぎ早にご紹介してゆく予定です。

ギャンブラーの侯爵家次男ジャレットがヒーローを務める第二弾、『A Hellion in Her Bed』、『切り札は愛の言葉』の邦題で、もうすぐ責了予定。

そして、第三弾として、サブリナ・ジェフリーズの最高傑作にあげる人も多い、長女ミネルバがヒロインとなる『How to Woo a Reluctant Lady』(いいタイトルだなあ)が待ち受けております。

 

みなさま、乞うご期待!(編集J)

2014年2月28日 18:55 | | コメント(1)

今月の扶桑社文庫の新刊は、もう読んでいただけましたでしょうか。

まずは、カレン・ローズ『木の葉のように震えて』(上・下)。

ロマンスとサスペンスの融合という、ノーラ・ロバーツ路線の正統派ロマンティック・サスペンスの第一人者で、RITA賞三度受賞の大家が贈る、ダークでスリリングな巨編の登場です。

 

kill_1&2.jpg

 

 

■オンライン書店で購入する
amazonセブンネットショッピング楽天ブックサービスhonto

 ■オンライン書店で購入する
amazonセブンネットショッピング楽天ブックサービスhonto

 

あらすじはこんな感じです。

 


フィラデルフィアの連続殺人事件解決から一週間後、ジョージア州ダットンの町で別の連続殺人事件が発生。それは十三年前に同じ町で起きた殺人事件と酷似していた。過去の事件の犯人は服役中だったが調査の結果、冤罪と判明。真犯人は当時の少年暴行魔集団だった。

その第一被害者として法廷で証言すべく検事補のスザンナ・ヴァータニアンはニューヨークからダットンへとやって来た。

ガード役は兄ダニエルの親友でジョージア州調査局(GBI)捜査官のルーク・パパドプロス。彼はスザンナの両親の葬儀で会って以来その美しさに惹かれていた......。

一方、かつての少年暴行魔たちは今では町の名士となっていたが、裏では、インターネットを利用して騙した少女を使った強制売春を行っていた。ダニエルは連中のアジトを突き止め急行するが反撃を受け重傷を負い、犯人たちは逃走する。

後れて到着したルークとスザンナが目にしたものは殺害された少女たちの死体だった。ふたりは、ただ一人生き延びた少女を発見し、現場から救出するのだが......。

 

内容的には、前作『誰も聞こえない』(上・下)、『闇に消える叫び』(上・下)と連続しており、できれば前の作品をお読みでない方は、この際合わせてご購入いただけれると嬉しいです。

 

今作で、前二作で積み残していた、過去にスザンナを襲った悪夢や、街にはびこる悪の正体など、シリーズの謎はすべて明らかになります。

 

ロマンスとしてはちょっと異例なほどに、ハードでダークなサスペンス調の展開を見せ、人がバカバカ死んでいくつくりも、いつもどおり(毎冊二桁くらいは死体がでますからね・・・)。

むかし、ミステリー系の某評論家氏に読ませてみたら、「たしかにミステリーとしてじゅうぶんふつうに読めますよね」とおっしゃっていました。本国で賛辞をおくっているのがジェームズ・パタースンだったり、テス・ジェリッツェンだったりするのも理解できるところです。

まわりでは大量死を伴う惨劇が発生して大変なことになっているのに、ページをめくると当たり前のように男女の恋愛が描かれるというナチュラルなギャップを見るにつけ、むかしから、なんとなく篠原千絵先生みたいなだあ、と(笑)。

 

すでに前作で登場し、作品にあたたかい味わいを遺したルークと、いろいろとわけありで大変なスザンナの丁寧に描写された恋愛模様にぜひご注目ください。

 

なお、本作で相応の売上をあげることができれば、ミネアポリスを舞台とした『I Can See You』に始まる新シリーズを紹介できるのですが・・・・というわけで、ぜひ古書や図書館ではなく新本でお買い上げいただけるとありがたく存じます!(編集J)


 

2014年2月28日 17:32 | | コメント(0)

日頃は、弊社ロマンスにご愛顧を賜り、まことにありがとうございます。

先般、コメント欄にて電子版の出版状況および告知についての

お問い合わせをちょうだいいたしましたので、

扶桑社ロマンスの電子書籍の現状をご報告させていただきます。

 

弊社の場合、ここ2年ほどで権利を獲得したロマンスの商品は、書籍化の権利を取得するのと同時に、すべて電子化の権利を合わせて取得しております。

ただ、3年を遡る商品については、コニー・メイスンを除き、獲得時には電子化の権利を取得しておりません。

ナリーニ・シン、リサ・マリー・ライスにつきましては、改めて、すべての過去作品の電子書籍化権を獲得いたしました。現在ないものも、追って発売される予定です。

ノーラ・ノバーツにつきましては、本国の意向により、現時点ではここ数年で出た作品以外のバックタイトルは、いまだ電子化の権利を認められておりません。

通常は、もとになる書籍が刊行されたのち、電子版の制作をスタートし、数ヶ月以内には完成する流れですが、正確な発売日は、電子書店におまかせの部分もありまして、お伝えできないのが現状です。

先日、最初の更新で、ホームページが未整備と記しましたが、その後、担当部署の迅速な対応によって、概ね検索がかけられるようになりました。

扶桑社のホームページで、「扶桑社ロマンス」で検索をかけていただくか、

一番下の「扶桑社ロマンス」のリンクからはいっていただき、

 

http://www.fusosha.co.jp/Books/search_list/?series_disp01=2

 

画面にある「電子版があるもののみを検索する」をチェックしていただくと、

現状、電子書籍版のある商品の一覧を呼び出すことができます。

ご活用いただければ、幸いです。よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

2014年2月 1日 22:34 | | コメント(1)

ページの先頭へ