今月の新刊は、もう読んでいただけましたか?

まずは、コニー・メイスン『大平原の嵐のように』

昨年4月に出した『コロラドの風に呼ばれて』に続くウェスタン・ロマンスのシリーズ第二弾です。

大平原.jpg

 ■オンライン書店で購入する
amazonセブンネットショッピング楽天ブックサービスhonto

 

あらすじは、こんな感じです。

 

出会いは突然訪れた。
おたずね者の烙印を 押されたジェスは、町近くで野営中に二人組 の銀行強盗に遭遇する。
続いて黒装束の人 物が現われ、二人組と撃ち合いのすえ黒装 束が撃たれた。
医師のジェスは被弾した人 物の傷口に応急処置を施すが、
その人物が 女性であることを知る。
同時に彼女の肢体 に魅入られてしまった。
一方、その女性も ジェスの容貌に見惚れてしまって......。
気 丈で一途なメグと心優しいジェスの波乱万 丈な恋物語が始まる。
ヒストリカルの泰斗 コニー・メイスンが贈る傑作ロマンス!

 

前作『コロラドの風に呼ばれて』で登場したレイフの弟にあたる、

お医者さんのジェスの登場です。

前作のヒーローは、私刑で吊るされかけたり、炭坑に閉じ込められたり、

殴られたり、撃たれたり、自分で崖から落ちたり、いろいろ死にかけては

毎回ヒロインに助けられるという、コニー史上最弱のユニークなヒーローでしたが、

今回のジェスは、冒頭から瀕死のヒロインの命を救い、その後も事ある毎に

ヒロインの危機に駆けつけ、活躍する正統派ヒーロー(?)です。

逆に、今回のヒロイン、メグは、凄腕の女賞金稼ぎとして登場しつつも、

のっけから撃たれたり、殴られたり、レイプされかけたり、過去に男から

ひどい目にあわされていたり、あげく首をナイフで斬られたりと、

さんざんな苦労を経験します。

そんな野性味と清純さ、男まさりの行動力と、世間知らずな無垢さを併せ持つ、

フルボッコ系ヒロインを、力と常識と包容力で守りぬこうとするのが、

ジェス、というわけです。

それと、憎々しい悪役の造形では定評のあるコニーですが、

今回は、メグの親代わりを務めてきた魅力的なガンマン、ザックが登場し、

コニーがヒーロー以外の善玉を描写する際にも、卓越したキャラクター造形

を示すことを証明しています。

 

HOTなシーンも盛りだくさん。

ズボン姿のヒロインにやたら欲情する悪党たちが出てきては、

ヒロインがきわどい性的な危機に立たされるシーンが多いのが特徴です。

「ここでは俺は医者だ」とかほざきながら、ふりかえると全裸で「ごめんごめん、きみに見られるだけで立っちゃうんだ」(p185)とかいってるジェスもたいがい、どうかしてると思いますが・・・・(笑)。

 

ウェスタン・ロマンスの第一人者、コニーのおおらかな筆致を、

存分に楽しんでいただければ幸いです。(編集J)

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年4月30日 22:37

コメント(0)

Comment

コメントする

ページの先頭へ