2014年5月アーカイブ

扶桑社ロマンスの新刊が、6月2日(月)に発売となります。

今月は、ベテラン作家によるヒストリカル・ロマンス2点をお届けします。

 

サブリナ・ジェフリーズ 上中京/訳 『求婚の極意』

(原題 How to Woo a Reluctant Lady)本体1000円+税

 

ストーンヴィル侯爵家の長女ミネルバは、名高いゴシック小説家。生涯独身を貫くつもりの彼女ですが、祖母のヘティは相続条件をたてに結婚を強要してきます。そこでミネルバは、雑誌広告で花婿を募集して祖母を怒らせ条件を撤回させようと計画、しかし現われたのはジャイルズ・マスターズただ一人でした。凄腕の弁護士。謎を秘めた放蕩貴族。幼い日に恋に落ちた相手。だけど十九の時に手ひどくふられて以来許せない男......。一体、彼の目的は何? 絶好調のシリーズ第三弾!

 

 

 

リンダ・ウィンステッド・ジョーンズ 山口まなみ/訳 『ためらいの媚薬』

(原題 Into the Woods)本体960円+税

 

南北戦争終結から十年後。小さな町の外れの森で、マチルダはひとり暮しをしていました。『魔女』呼ばわりされつつも、栽培した花や薬草、自ら焼いたパンなどを町で売り生計を立てる気ままな日々。そんなある日、逞しい身体をしたハンサムな実業家デクランが彼女を訪ねて来て、遠回しに"惚れ薬"を依頼してきます。マチルダは一旦断りをいれるのですが......。RITA賞受賞のベテラン作家が贈る、ユーモラスでエロティックなお伽話風ヒストリカル!

 

お楽しみに!

 

2014年5月31日 10:35 | | コメント(0)

今月のもう一作は、ニーナ・ローワン『誘惑の方程式』

『別れの手紙に愛をこめて』同様、新人さんの手になるヴィクトリア朝もの。

エリン・ナイトリーに比べると、かなりHOT度は高めですが、

こちらも基本的には、ときめき度の高い王道のヒストリカルとなっています。

誘惑小.jpg

  

■オンライン書店で購入する
amazonセブンネットショッピング楽天ブックサービスhonto

 

 あらすじはこんな感じです。

 

ヴィクトリア朝のロンドン。
リディアは、幼い頃から神童とうたわれた天才的な数学者。
手帳は計算や定理で埋めつくされ、男女の
愛も方程式で表せると信じてうたがわない。
しかし父親の死後、祖母と妹との生活は
困窮の度をますばかりで、ある日、母の
かたみのロケットが質流れしてしまう。
リディアは入手先の子爵アレキサンダーを訪問し、
ロケットの返却を懇願する。しかしロシアの血をひく
魅惑的な子爵が出してきたその条件とは意外なもので......。
エロイザ・ジェームズ絶賛の驚異の新人が贈る、
スリルと官能のヒストリカル。

 

「キスを一つ」彼は言った。

リディアはさっと目を上げた。窓ガラスの向こうに稲光が走るように、

青い瞳の奥に衝撃が走った。

「な、なんですって?」

「もし問題が解けたら、キスを一つお許しいただきたい」

彼女の頬は赤く染まった。「閣下、それはたいそう不適切なご希望です」

「口に出さなかったほうの希望は、もっと不適切だよ」彼女の頬がさらに赤みを増す。(略)

(p31)

 

「美しい文学性と、HOTな官能度の稀なるコンビネーション」

――エロイザ・ジェームズ

 

今月はくしくも、才能あるヒストリカルの新星が手がけたデビュー作が揃いました。

こちらのキモは、なんといっても理系女子がヒロインというところ。

このネタ、最近流行っているらしくて、しょっちゅうリーディングでも

あたりますし、実は再来月にも理系ヒロインものが待機しているのですが、

本作のリディアは、結構ガチで、数学界も一目置くギフテッドという設定。

四六時中、数式や定理を口走っている変人系ヒロインです。

(ちなみに編集者はごりごりの文系で数学は5段階で2ばかりとっていたダメ人間なので、

数式のチェックは翻訳者さんと校正者さんに全部任せてしまいました!)

対するヒーローも、ロシア系の危険な魅力を放つ貴族ではあるのですが、

こちらも数学大好き人間でありまして、ふたりはあたかも前戯のように

数学の問題のときっこを・・・(笑)。

著者の旦那さまが本職の科学者さんだそうで、けっこうそのへん、リアルに

愛しあうお二人のようすが生かされているのかもしれません。

ロマンスの合間に「数学おもちゃ箱」みたいななぞなぞが出てくる、

不思議なヒストリカルでございます。

お話全体にも、実は大きな謎が隠されており、なかなかに筆力のある作家さんだと思います。

 

ぜひ、皆様もお手にとって、未来の巨匠の第一歩にお付き合いいただければ幸いです!(編集J)

 

 


 

 

2014年5月30日 23:03 | | コメント(0)

今月の扶桑社ロマンス、もうお読みいただけましたでしょうか。

まず一冊目は、エリン・ナイトリーの『別れの手紙に愛をこめて』。

期待の新人が贈るリージェンシーの快作です。

 

手紙.jpg

 

■オンライン書店で購入する
amazonセブンネットショッピング楽天ブックサービスhonto

 

あらすじはこんな感じです。

 

エヴリンは兄のイートン校進学に伴い兄の学友ヘイスティングズと
手紙を通して知り合う。その後、気が合った二人は
文通を重ねて親密さを増していった。
一度も会わずに二人だけの時間を共有して五年になろうという頃、
彼からエヴリンの許に心ない言葉を書き連ねた絶縁状が届く。
失意のどん底に落とされるエヴリン。しかしそれから七年後、
ヘイスティングズは名前を隠し、兄と共にエヴリンの前に姿を現わして......。

 

弊社といたしましては、ヒストリカル・ロマンスを出版するにあたって、

なるべく、チャーミングでキュートな系統の作品と、

HOTでセクシーな系統の作品をバランスよくご紹介していこうと

考えております。

本作は、前者の路線に属する、ういういしくも情感ゆたかな、美しいリージェンシーです。

 

若い日の文通が話の核となってくるのですが、

その手紙が各章の冒頭に置かれ、往復書簡のように扱われる仕掛けは、

弊社ロマンスの愛読者の方なら、サブリナ・ジェフリーズの

『淑女のための修養学校』シリーズですでにおなじみの趣向でしょう。

冒頭の謝辞からもわかるとおり、弊社でご紹介しているサブリナ・ジェフリーズと

ヘザー・スノウは、同じ創作グループに属しているようす。

自然と、内容上お互い影響を受け合っているのだと思います。

 

アメリカでは、作家たちがデビュー前からそれぞれワークショップを

組んで、お互いの原稿を批評しあいながら腕を磨いてゆくのは、

ロマンス・ファンの方ならよくご存じのことかと存じます。

アメリカのロマンス作家クラブでは、アマチュアの読者が作家を目指し、

地方支部で研鑽を重ね、新人賞を経てプロ・デビューするシステムが

確立しているのですね。

 

ヒロインのキュートなキャラ立てや、かなり気のきつい性格付け、

謎解き要素のある複雑なプロット、など、三人に共通する部分は

多い気がします。

それに実は、ちょうど来月がジェフリーズのシリーズ第三弾、

再来月がヘザー・スノウの第二作と三人の作品が期せずして

続くのですが、それぞれ結構、ネタがかぶり気味のような・・・(笑)。

まったくこちらが意図したことではなく、出版期限や原稿の上がり順で

こんなことになってしまい、申し訳ない気もする反面、

同じチームの作家たちが、どう影響を与え合っているかを

見るにはうってつけの機会かと思います。

ぜひ、来月も再来月も弊社ロマンスをお楽しみに!(編集J)

 

 

2014年5月30日 22:10 | | コメント(0)

扶桑社ロマンスの新刊が、本日5月2日(金)に発売となります。

今月は、実力派として本国でも評判を呼んでいる新人のヒストリカル・ロマンス2点をお届けします。

 

ニーナ・ローワン 本山ますみ/訳 『誘惑の方程式』

(原題 A Study in Seduction)本体940円+税

ヴィクトリア朝のロンドン。リディアは、幼い頃から神童とうたわれた天才的な数学者。男女の愛も方程式で表せると信じてうたがいません。質流れした母のかたみのロケットを追って、入手先の子爵アレキサンダーを訪問したリディアは、ロケットの返却を懇願します。しかしロシアの血をひく魅惑的な子爵が出してきたその条件とは意外なもので......。エロイザ・ジェームズ絶賛の新人が贈るスリルと官能のヒストリカル。

 

 

エリン・ナイトリー 霜月桂/訳 『別れの手紙に愛をこめて』

(原題 More than a Stranger)本体920円+税

エヴリンは兄のイートン校進学に伴い兄の学友ヘイスティングズと手紙を通して知り合います。その後、文通を重ねて親密さを増してゆくふたり。しかし五年の歳月を重ねたころ、彼からエヴリンの許に心ない言葉を書き連ねた絶縁状が届きます。失意のどん底に落とされるエヴリン。ところが、それから七年後、兄と共にエヴリンの前に姿を現わした男とは......。S・ジェフリーズ絶賛。彗星の如く登場した気鋭のデビュー作!

 

ぜひ、お楽しみに!

2014年5月 2日 02:25 | | コメント(0)

ページの先頭へ