今月の扶桑社ロマンスの新刊は、12月25日(木)に発売となります。

今月は、セクシー・リージェンシーの女王によるシリーズ第四弾と、

弊社では久々の紹介となる、大人気作家のロイヤル・ヒストリカルをお届けします。


 

サブリナ・ジェフリーズ
『危険な天使の誘惑』
上中 京/訳
定価 本体1000円+税

ストーンヴィル侯爵家の三男ゲイブは、幼い頃の両親の死による

ショックを笑い飛ばすことでごまかしてきました。

ところが青年期に馬車レースの相手だった親友を事故で亡くし、

それ以来黒衣に身を包んで死神に挑戦するような危険な

賭けレースの日々を送るようになったのです。

「死の天使」と呼ばれるそんな彼の前に、ある日、亡き親友の妹

ヴァージニアが現われ、レースを挑んできます。

ところが、無謀な挑戦の背後にある彼女の苦境を知ったゲイブは、

何と賭けの代償としてヴァージニアに求婚して......

絶好調のシリーズ第四弾!

ソフィー・ジョーダン
『恋に落ちた皇太子』
戸田早紀/訳
定価 本体880円+税

十年の内戦により祖国が荒廃したマルダニア王国。

戦死した兄に代わり国の再建を目指す皇太子セブは、

花嫁を探そうとイングランドにやってきました。そこでセブは

従弟のマルコムからハドリー姉妹も花嫁候補だと伝えられます。

しかし、セブは姉妹の父ジャックが犯罪絡みで財をなしたことと、

彼女たちが婚外子であることで、王妃に相応しくないと断ります。

ところが、二人の話を偶然聞いていた姉のグリアは、セブの発言

に怒って飲み物を彼にかけてしまう......。

最悪の出逢いから始める二人の間で生まれる引力とは?

ベストセラー作家が描く傑作リージェンシー!


ぜひ、お楽しみに!!

2014年12月23日 23:16

コメント(0)

Comment

コメントする

ページの先頭へ