最新刊はもうお読みいただけたでしょうか?

ノーラ・ロバーツの最新ロマンティック・サスペンス『姿なき蒐集家』(上・下)

弊社にとっては、通巻100点となるノーラ・ロバーツ作品。

しかも扶桑社海外文庫としても1400番のキリ番達成。

いや、そう考えると20年以上の歴史がある扶桑社海外文庫で、あれだけミステリーやロマンスを出してきて、1/14がノーラの本だということになるのか。

本当にノーラさまさまでございます。

 

COLLECTOR_上下.jpg

 

 

■オンライン書店で購入する
amazonセブンネットショッピング楽天ブックサービスhonto

 

■オンライン書店で購入する
amazonセブンネットショッピング楽天ブックサービスhonto

 

 あらすじは、こんな感じです。

 ライラはハウスシッターをしながら、傍ら若い読者に好評の小説を書く作家でもある。

定住所がない生活だが彼女は満足していた。

今回はニューヨークで有名な歴史的建造物での三週間の留守番。

好奇心旺盛な彼女はさっそく向かいの部屋の観察を楽しむが、

ある夜、十四階の部屋から女性が突き落とされる現場を目撃する。

すぐに警察に通報するが女性は即死、さらに部屋にはもう一人、

男の死体が残されていた。

そして彼女は翌日、立ち寄った警察署で、死んだ男の兄アッシュと出逢うことになる。

アッシュはイタリア系の富豪で大家族の御曹司だった。

職業は画家。彼はライラに絵のモデルになって欲しいと語る。

彼女の自由奔放な眼を自らの絵筆で表現したいと言うのだ。

次第に親密度を増してゆくふたりの関係。

一方殺害された男女は、冷血な女殺し屋の手にかかったことが判明する。

ふたりの身辺を徘徊し始める女殺し屋。

そしてアッシュの親類が殺害されるにおよんで

事件は新たな相貌を呈することになる......。

 

 

 ノーラの発刊ペースは、このところは一定しておりまして、一年にトリロジー(たまに四部作)を一セットと大作のロマンティック・サスペンスを一点、さらにJ.D.ロブ名義の〈イヴ&ローク〉のシリーズを二作ほど、それに復刊物が加わるといった形です。

年齢を考えると、(少なくとも欧米においては)信じられないような発刊スペースですね。

さすがは名実ともにロマンス業界の頂点に君臨する女王、といったところでしょう。

 なお今回、三部作の途中にロマンティック・サスペンスの刊行が挟まったのは、本国の出版順にあわせてのこととなります。

次は3月の末に、オドワイアー家トリロジーの第二巻、『心惑わせる影』(原題:Shadow Spell)を発刊する予定ですので、ご期待ください。

 

また、『姿なき蒐集家』と合わせて、『モンタナ・スカイ』(上・下)と『サンクチュアリ』(上・下)という代表作を二点、ひさびさに復刊いたしましたが、ノーラを一躍トップ作家に引き上げた代表作ですので、ぜひこちらもお楽しみいただければと思います。

 また、ここで書いても仕方ないのかもしれませんが、海外ロマンスってなんとなく興味はあるんだけど、敷居が高いなあ、と思っておられる方にこそ、ぜひノーラの作品は読んでほしいなと思っております。今回装丁を一般寄りにしたのも、そういう意図があってのことだったりします。ノーラ・ファンの方は、ぜひ身近な方にもおすすめいただけるとうれしいです!

 〈ノーラ・ロバーツ・ベスト・セレクション〉は、今年の前半をかけて、引き続き順次発刊していく予定ですので、ぜひお楽しみに! ちなみに今、『リバーズ・エンド』(上・下)の表紙まわりの作業を鋭意進行しております。(編集J)

2015年2月27日 21:37

コメント(4)

Comment

  • はじめまして ほのちくりんといいます。


    J・D・ロブの イヴ&ロークをメインにした 『ギャラハッドの覚書』という
    ブログを書いている ノーラ・ロバーツのファンの1人です。 
    なので 扶桑社ロマンのノーラ・ロバーツの新刊を 毎回楽しみにしています。


    ノーラ・ロバーツの新刊は 図書館を利用して 読むこともありますが、
    気に入ったストーリーだと (『羽根をなくした天使』『聖なる森の捜索者』など多数)
    購入して 何度も読み返しています。


    今 『リバーズ・エンド』の新装改訂版の準備が進んでいるそうですが、
    『愛ある裏切り』の 新装改訂版の予定は ないのでしょうか?


    以前 図書館から借りてとても気に入っている話なので、
    もし 新しくでるのなら 購入し手元に置きたいと思っています。


    できることなら 新装改訂版予定の すべてのタイトルを教えてもらえると嬉しいです。



    |ほのちくりん|2015年3月 1日 14:44

  • ノーラ・ロバーツさんの本を、電子書籍に‼️
    モンタナもシーサイドも書籍では、持ってますが、電子書籍にして、携帯で何時も、読みたい時に読めたらいい感じです。携帯が図書館になる訳ですから。

    ポケットに図書館‼️ これが私の夢です❗️



    |菅 由恵|2015年3月 3日 11:17

  • 『リバーズ・エンド 下』の税込価格が アマゾン 213円、
     楽天ブックス 212円と表示されています。
    『リバーズ・エンド 上』は ともに 842円です。

      



    |ほのちくりん|2015年3月21日 02:46

  • コメント、ありがとうございます!
    お返事が遅れて申しわけありません。

    まず、現状再刊を予定しているのは、
    帯およびカバーの折り返しに入れている作品のみです。
    ただし、好評をいただけるようなら、
    また新装刊の企画はやってみたいと思っております。

    電子書籍については、
    今回、新装復刻した作品と、ここ数年に出た新刊(すでに電子化)
    のみ、権利を獲得しています。なかなかに権利関係のクリアが
    難しく、全点の配信とまでいかなくて、申しわけないかぎりです。

    定価表示の件は、ご指摘いただき、ありがとうございました。
    先方のほうで直したようで、あちらのミスだったようです。

    今後共、弊社ロマンスにご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



    |書籍・文庫|2015年3月24日 17:27

  • コメントする

    ページの先頭へ