毎年、ネット上のファンサイト『Romance Hills 勝手にロマンス』様で開催されている、『勝手にロマンス大賞』も今年で5回め。

これまでも、弊社はリサ・マリー・ライス、ナリーニ・シン、カレン・ラニーなどで入賞をはたしてまいりました。

 

そして今年! なんとミア・シェリダンの『世界で一番美しい声』がロマンス小説のコンテンポラリ部門と、エロティック・ロマンス部門の二部門で、第一位を獲得しました!

 

ご投票いただいた皆様、本当にありがとうございました!

 

世界で一番美しい声 ブログ画像.jpg

 ■オンライン書店で購入する
amazonセブンネットショッピング楽天ブックサービスhonto

 

 当ブログでの記事は こちら

 

当初、ご連絡をいただいた際、コンテンポラリー部門とエロティック部門の二冠とうかがい、軽くのけぞりました......(前回のカレン・ラニーのときも思いましたが、そんなにエロティックでしたかね?)。いやあ、本当に感謝感激でございます。

編集者もトーチャード・ヒーローもの(ヒーローが苛烈に虐げられる展開の作品)は大好きで、ローラ・キンセイル『嵐に舞う花びら』のゲラを新宿の喫茶店で泣きながら校正していたのを思い出します。そういえば、同じく類似要素のあるジュディス・デイヴィス『折れた翼』をご紹介くださったのも、本書の翻訳者である高里ひろさんでした。

『世界で一番美しい声』のほうも、個人的に担当できて本当にしあわせでした(本当にいい話なんですよ! 詳しくは過去記事をご参照ください)。
熱い応援をくださった読者の皆様(とくに出版されてすぐにAmazonレビューに激烈な賛辞を送ってくださった皆様)、それから、最高の目利きにして練達の翻訳者さんである高里さんに、この場を借りて心からの感謝を捧げたいと思います。

また、合わせて下記の作品もベスト5に選んでいただきました!

 

ロマンス小説 パラノーマル部門
3位 冬の盾と陽光の乙女(上下) ナリーニ・シン
ナリーニ13上下ブログ.jpg

当ブログでの記事はこちら。

 


ロマンス小説 エロティックロマンス部門
4位 天国の港 リサ・マリー・ライス
天国の港帯なしブログ.jpg

当ブログでの記事はこちら。

 

▼ロマンス小説 エロティックロマンス部門
5位 真夜中の探訪 リサ・マリー・ライス

Midnight Quest Blog.jpg

当ブログでの記事はこちら。

こちらの三点も、まだお読みでないなら、ぜひお手にとっていただけると幸いです!

なお、『勝手にロマンス』様には、恒例のプレゼントとして、新刊のノーラ・ロバーツ上下巻に加えて、ミア・シェリダンの原書にはさまっていた特製しおりをつけて提供いたしました。ほしいと思ってくださる方に当たりますように!

 

今後とも、扶桑社ロマンスにご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます!(編集J)

2018年4月19日 13:48

コメント(1)

Comment

  • 初コメです。

    いつも楽しく拝読しています。
    いまSNSでロマンス好きな方どおしで密かにサイチェンジリングシリーズが流行っています。
    イラストが上手い方が主人公を書いてくれているんです。
    その方が描くとその本が売れているようですし、
    私もこの機会に電子書籍全巻を購入しようと思います。
    ぜひ、14巻の発売の検討をお願いします!!!!



    |ロマンス好き|2018年5月29日 15:30

コメントする

ページの先頭へ