あけましておめでとうございます!
(すでに、ひと月以上過ぎておりますが......。)


大変ながらくお待たせしておりました、ノーラ・ロバーツの最新刊『愛の深層で抱きしめて』(上・下)が、2月3日にとうとう発売いたします。
とある事情で発売が延び延びになってしまいまして、申し訳ございません。お問い合わせいただきました読者の方々、本当にどうもありがとうございました。

長時間熟成させた分、非常に濃厚なストーリーとなっております、、、という冗談はさておき、今回は湖畔の街での造園家美女とタフガイな弁護士によるラブサスペンスで、期待以上にドキドキかつハラハラを味わえる内容です。流石はロマンスの女王、ノーラ・ロバーツ先生。

さらに、今月はもう1冊刊行をいたします。2019年度RITA賞のロマンス最優秀新人賞ノミネート&最優秀ヒストリカル長編賞受賞という超期待作不埒な夫に焦がれて。本作がとてもデビュー作とは思えない、作者ミーア・ヴィンシーの筆力は圧巻のひとことです。

大人気ベテラン作家と鳴り物入りでデビューした大物新人の作品、2点3冊を同時に刊行させていただくわけですが、どちらも自信を持ってオススメさせていただけます。ぜひ手にとってみてください。

さらにさらに、2か月続けて、2月末にもノーラ・ロバーツ作品を刊行いたします。『世界の果てに生まれる光』、『闇に香るキス』に続く、<光の魔法トリロジー>シリーズの第三弾『愛と魔法に導かれし世界(原題 The Rise of Magicks)』(上・下)で、シリーズ最終巻! こちらも楽しみにしていただけますとうれしいです。 

さて、今年は上司からの命により、"扶桑社ロマンス倍増計画"が着々と進行中。例年よりもたくさんの作品をみなさまにお届けできればと思っておりますので、本年も扶桑社ロマンスを何卒よろしくお願い申し上げます。(編集A)




2020年1月15日 22:41

コメント(1)

Comment

  • 2019年は作品数が少なくて残念でした。
    2020年の"扶桑社ロマンス倍増計画"に期待します!

    私は以下の作家とシリーズが気になっています。ぜひ続編をお願いします。

    エリザベス・ノートン『Stolen』『Deadly Secrets』シリーズ(他、パラノーマルシリーズも)
    カレン・ローズ『Romantic Suspense』シリーズ
    ロクサナ・セントクレア『The Guardian Angelinos』シリーズ
    ベラ・アンドレイ『Hot Shots』シリーズ
    サブリナ・ジェフリーズ『The Duke's Men』シリーズ
    ナリーニ・シン《サイ=チェンジリング》はもちろん最後までついて行きます!



    |読者・K|2020年2月 8日 00:47

コメントする

ページの先頭へ