ヴァンパイア・クロニクルズ
パンドラ、真紅の夢

著者名

アン・ライス

判型

文庫判

定価

1008円(本体933円+税)

発売日

2002/05/28

ISBN

9784594035730

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

パンドラは、古代ローマ時代に、貴族の娘として生まれた。だが、政争により一族は崩壊。彼女は独りギリシャに逃れる。エジプトの女神イシスを崇拝するようになっていた彼女は、長年見ていた謎の夢に秘められたメッセージを解読する。そんな折、吸血鬼となったマリウスと再会し、彼女を待つ運命について警告されるが、結局、古代の女王アカシャと契りを結んで、吸血鬼となる。はなればなれになったマリウスとパンドラは、その以後、二千年にわたって、流浪するのだった。
※〈ヴァンパイア・クロニクルズ〉は、現代に甦った金髪美形の吸血鬼レスタトを中心とする、過去と現代にわたる壮大な物語です。また、今秋公開の映画「クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア」は、扶桑社既刊のシリーズ第二作『ヴァンパイア・レスタト』、第三作『呪われし者の女王』を原作としています。

著者プロフィール

NoImage

アン・ライス
1941年、ニューオリンズ生まれ。娘の死をきっかけに創作活動を開始した。邦訳に『夜明けのヴァンパイア』(ハヤカワ文庫)に始まる<ヴァンパイア・クロニクルズ>シリーズや、<スリーピング・ビューティ>三部作(扶桑社ミステリー)などがある。

シリーズ一覧

ページの先頭へ