ドクターハラスメント

著者名

土屋繁裕

判型

四六判

定価

1466円(本体1333円+税)

発売日

2002/09/20

ISBN

9784594037291

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

「患者は手術のことなど、知る必要ありません」「信用できないんだったらほかへ行ってよ」あなたは医師が発したそんなひと言に、傷つけられた経験はありませんか? 心ない言葉の暴力、相次ぐ医療事故……といった、現代医療が抱えるさまざまな問題に、現職の医師である著者が鋭く迫ります。

著者プロフィール

NoImage

土屋繁裕
1956年生まれ。帝京大学医学部卒業後、2000年3月までの16年間、癌研究会附属病院に臨床外科医として勤務。現在、福島県郡山市の医療法人慈繁会土屋病院外科部長。また2000年7月、患者の立場に立った最良の治療の選択と闘病支援を目標とした組織「キャンサーフリートピア」を設立。がん治療をトータルにコーディネートする活動を行っている。著書に『ドクターハラスメント』(扶桑社)、『がん病棟の真実』(経済界)、『このガン、切るべきか切らざるべきか』(NHK出版)。

シリーズ一覧

ページの先頭へ