ヴァンパイア・クロニクルズ
呪われた天使、ヴィットーリオ

著者名

アン・ライス

判型

文庫判

定価

1028円(本体952円+税)

発売日

2003/10/01

ISBN

9784594041519

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

十五世紀のイタリア、コシモ・デ・メディチが権勢を振るっていたフィレンツェ。地方領主の息子ヴィットーリオは、不思議な女性の導きにより、一族惨殺を生き延び、天使と悪魔が争う世界の住人となり、吸血鬼一族として呪われた生を生きることになる。著者の耽美趣味全開のヴァンパイア物語。

著者プロフィール

NoImage

アン・ライス
1941年、ニューオリンズ生まれ。娘の死をきっかけに創作活動を開始した。邦訳に『夜明けのヴァンパイア』(ハヤカワ文庫)に始まる<ヴァンパイア・クロニクルズ>シリーズや、<スリーピング・ビューティ>三部作(扶桑社ミステリー)などがある。

シリーズ一覧

ページの先頭へ