塩塚博 検索結果一覧 | 扶桑社

著者プロフィール

NoImage

塩塚博
作編曲家、ギタリスト。1956年、神奈川県横浜市生まれ。幼少時、父親の聴いていたクラシックで音楽開眼。少年時代「田辺昭知&スパイダーズ」に憧れ、音楽を志す。上智大学卒業後、百貨店に就職。1985年度リットー社「オリジナルテープコンテスト」B部門で優勝し、86年、CM音楽制作会社に入社、ディレクターとして1年間勤務。87年に作曲家・演奏家として独立。以降、レコード曲提供(郷ひろみ、稲垣潤一、岡本夏生ほか)やTV・ラジオ番組、CMなどの作曲制作で活躍。JR東日本の駅メロ(JR-SHシリーズ)は1994年から今もなお使われ続ける代表作。JRの他、京急、東京メトロ(副都心線・丸の内線・有楽町線)、山陽電鉄などの駅メロを多数制作。JR-SHの曲をセルフアレンジしたソロアルバム『テツノポップ』を2011年発表。ほかに、JR、京急、東京メトロの駅メロCD、BGMを手掛けた『今よみがえる 三陸鉄道 車内放送アナウンス ~南リアス線~』等の企画CDが発売中。ライブ、ステージ活動も精力的に続けている。

検索結果一覧

「塩塚博」 検索結果一覧

1件中 1 - 1件 を表示

駅メロ! THE BEST

定価

2268円(税込)

発売日

2013/04/26

電子版あり
   
ページの先頭へ