刑事エイブ・リーバーマン
裏切りの銃弾

著者名

スチュアート・カミンスキー

判型

文庫判

定価

669円(本体619円+税)

発売日

2000/02/25

ISBN

9784594028602

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

深夜、老刑事エイブ・リーバーマンに事件の報がもたらされた。同僚の警官が、自分の妻とその不倫相手を殺害。しかも、爆弾を所持してビルの屋上に立てこもり、パートナーである警部の身柄を要求する。緊迫した事態に、警察内部のみならず、マスコミ、政治家もからんで、関係者の思惑は複雑にもつれあう。犯罪者となった同僚と虚々実々の駆け引きを繰りひろげながらも、リーバーマンにはもうひとつ、気がかりな事件があった…円熟の名匠が犯罪と人間模様をじっくりと描きだす、注目のシリーズ第3弾。

著者プロフィール

NoImage

スチュアート・カミンスキー
1934年生まれ。大学の言語学科や映画学科で教鞭を取る。77年『ロビン・フッドに鉛の玉を』(文春文庫)で作家デビュー。89年『ツンドラの殺意』(新潮文庫)でMWA最優秀長編賞を受賞。映画脚本も多い。91年から老刑事エイブ・リーバーマンのシリーズを開始、高い評価を得る。

シリーズ一覧

ページの先頭へ