日本よ、台湾よ

著者名

金美齢 著 , 周英明

判型

四六判

定価

1466円(本体1333円+税)

発売日

2001/01/09

ISBN

9784594030438

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

テレビ・評論でお馴染みの金美齢氏と東京理科大学教授の周英明氏はともに台湾人である。2人は、昭和30年代半ばに日本に留学し、日本での台湾民主化運動で知り合い、結婚する。しかし、当時、台湾を統治していた国民党政府より、反政府運動のかどでブラックリストに載り、パスポートを剥奪され、不安定な身分の中で、苦労して2人の子供を育て上げる。民主化された台湾に、40年ぶりに帰国したとき、そこには、日本と同じ柔らかな風が流れていた・・・。
日本在住40数年の台湾人夫妻が、二つの祖国への熱き思いと激動の人生を綴る。

著者プロフィール

NoImage

金美齢
台湾・台北市生まれ。1959年留学生として来日。早稲田大学文学部英文学科入学。1971年同大学大学院文学研究科博士課程修了。ケンブリッジ大学客員研究教授を経て、現在、JET日本語学校専任理事。主な著書に『自分の人生自分で決める』(講談社)、『中国の哀しい遺産』(草思社)、また夫・周英明氏との共著『日本よ、台湾よ』(扶桑社)などがある。

NoImage

シリーズ一覧

ページの先頭へ