バツイチの子供たち

著者名

石坂晴海

判型

四六判

定価

1362円(本体1238円+税)

発売日

2001/06/27

ISBN

9784594031770

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

離婚率が急上昇している日本の社会状況を、鋭くえぐった『×一(バツイチ)の女たち』『×一(バツイチ)の男たち』の著者が、三たび世に放つ渾身のインタビュールポ。彼らはその境遇をどうとらえているのか著者自身も2人の「バツイチの子どもたち」がいる身。子持ちのバツイチ族ならずとも気になる1冊。

著者プロフィール

NoImage

石坂晴海
1960年生まれのみずがめ座。離婚をきっかけに「×一の女たち」「×一の男たち」を出版し、テレビやラジオでドラマ化される。以後、結婚や恋愛をとおした女性の生き方をテーマにルポルタージュやエッセイを執筆。私生活でのモットーは「果報は寝て待て」。できるだけ精進しない生活を目指す。著書に「掟破りの結婚道」(毎日新聞社)、近刊に「×一の子どもたち」(小社刊)。

シリーズ一覧

ページの先頭へ