僕たちはいらない人間ですか?

著者名

伊藤幸弘

判型

文庫判

定価

681円(本体619円+税)

発売日

2003/01/28

ISBN

9784594038380

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

元暴走族総長であり、現カウンセラーの著者が、少年院で書かれた手紙・文章から、非行に走る少年少女の心境を解説します。彼らが荒れる理由のひとつに、親の理解不足があることは誰もが指摘するところ。そんな子供たちの魂の叫びを集めた本書を読めば、涙が溢れてくること間違いない一冊です。

著者プロフィール

NoImage

伊藤幸弘
伊藤幸弘 ●いとう・ゆきひろ1952年神奈川県生まれ。非行カウンセラー、伊藤幸弘教育研究所所長。高校3年生の時、傷害事件を起こし家裁送致へ。20歳で平塚市を拠点とする構成員1万5千人の暴走族「相州連合」の2代目総長に。道路交通法違反で再び逮捕され、刑務所で’年服役。出所後、自動車修理会社に勤めながら、20年間にわたり、500人以上の少年少女を更生させる。’99年会社を辞め、伊藤幸弘教育研究所を設立。同年4月、衆議院の青少年問題に関する特別委員会で参考人として意見を述べている。特定非営利活動法人青少年問題防止ネットワーク理事長、子育て協会静岡支部長、静岡県教育共同組合顧問。著書に『きっと甦る。』(くもん出版)、『体当たり子直し』(小学館)、『僕たちはいらない人間ですか?』『子供に悩まされる親親にダメにされる子供』(ともに扶桑社〉など。http://www5a.biglobe.ne.jp/~ierl/

シリーズ一覧

ページの先頭へ