始末屋ジャック
悪夢の秘薬(下)

著者名

F・ポール・ウィルスン

判型

文庫判

定価

812円(本体752円+税)

発売日

2003/04/25

ISBN

9784594039509

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

五月……ニューヨークでは、狂暴な暴力の発作を伴う新麻薬が蔓延していた。主人公<始末屋ジャック>は、製薬会社の女性研究員から、謎のセルビアン人ギャングの調査を依頼される。新麻薬にからむギャングを追って、ジャックは、かつて倒したはずの恐るべき敵と再びまみえることに……!

著者プロフィール

NoImage

F・ポール・ウィルスン
1946年ニュージャージー生まれ。医師として働くかたわら小説を執筆し、81年に発表した『ザ・キープ』で一躍人気作家となる。壮大な伝奇ホラー6部作(ナイトワールド・サイクル)をはじめ、SF、医学サスペンスなど、精力的な活動をつづけている。

シリーズ一覧

ページの先頭へ