宮さまとの思い出

著者名

高円宮妃久子

判型

四六判

定価

1646円(本体1524円+税)

発売日

2003/11/20

ISBN

9784594042486

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

高円宮殿下が御年47歳で薨去されて1年。11月21日、「一周年祭の儀」をお迎えするにあたって、ご結婚の秘話、運命のあの日のこと、殿下のお人柄やお考えなどを妃殿下が語られた回顧録。信頼で結ばれたご夫妻のお姿や殿下の気さくなご素顔がうかがえるエピソードを収録しているほか、他では見られない高円宮家ご愛蔵の貴重なお写真150点余もカラーでご紹介しています。

著者プロフィール

NoImage

高円宮妃久子
高円宮妃久子殿下ご略歴東京にお生まれになる。フランス三井物産社長など商社役員を歴任された鳥取滋治郎氏と二三子(ふみこ)さんの第一女子としてご誕生。鳥取家は香川県の旧家で、「鳥取」という姓は、『日本書紀・垂仁天皇紀』に「鳥取造(とっとりみやつこ)」が記され、最古の姓の一つといわれる。母方の曾祖母は五摂家の一つである鷹司家のご出身で、やはり五摂家の一つである九條家ご出身の貞明皇后(大正天皇の皇后)とはいとこ同士のご関係。久子殿下は初等科から中等科まで聖心女子学院で学ばれた後、昭和42(1967)年、三井物産役員だった父君・鳥取滋治郎氏の転勤のためご家族で渡英。ケンブリッジ大学ガートン・カレッジで中国学や人類学、考古学を学ばれ、昭和50(1975)年にご卒業。帰国後は語学力を生かして翻訳や通訳をされていた。昭和59(1984)年12月6日にご結婚。お印は扇。長女・承子(つぐこ)女王殿下、次女・典子(のりこ)女王殿下、三女・絢子(あやこ)女王殿下の三人のお子さまに恵まれた。(社)いけばなインターナショナル名誉総裁、日本赤十字社名誉副総裁、バードライフ インターナショナルのレアバード・クラブ名誉顧問の他、高円宮殿下の薨去後は引き継いで総裁・名誉総裁を務められている。 著書は、これまでに児童向けの絵本『夢の国ちびっこバク』(絵・ブライアン・ワイルドスミス/1996年/学習研究社刊)と、『氷山ルリの大航海』(絵・飛鳥童/1998年/講談社刊)の2冊を出版されている。

シリーズ一覧

ページの先頭へ