平然と車内で化粧する脳

著者名

澤口俊之 著 , 南伸坊

判型

文庫判

定価

669円(本体619円+税)

発売日

2004/05/29

ISBN

9784594046538

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

人前でイチャつく、所かまわずしゃがみ込む。激増する不可解な若者達。すべてはモンゴロイド日本人の「脳の進化」に逆らった生活と子育てが原因だった! 脳科学から日本を見た“激しく納得”の大結論。生物学的な進化の歴史を中心に、集団的な子育ての効用など教育論としても目からウロコが落ちる1冊。

著者プロフィール

NoImage

澤口俊之
澤口俊之(さわぐち・としゆき)1959年東京生まれ。北海道大学理学部生物学科卒業。京都大学大学院理学研究科修了。米国エール大学医学部神経生物学科リサーチフェロー、京都大学霊長類研究所助手などを経て、現在、北海道大学医学研究科脳科学専攻機能分子学分野教授。専門は認知神経科学、霊長類学。著書に『知性の脳構造と進化』(海鳴社)、『脳と心の進化論』(日本評論社)、『「私」は脳のどこにいるのか』(ちくまプリマーブックス)、『幼児教育と脳』(文春新書)、『わがままな脳』(筑摩書房)など。

NoImage

南伸坊
南 伸坊(みなみ・しんぼう)1947年東京生まれ。岡田節人、多田富男、養老孟司といった「大知識」の話をコドモのように聞いてまとめたシリーズ『生物学個人授業』『免疫学個人授業』『解剖学個人授業』(新潮社)で“生徒の達人”と称される。『顔』『大人の科学』(ちくま文庫)『モンガイカンの美術館』『歴史上の本人』(朝日文庫)『本人の人々』(マガジンハウス)など著書多数。

シリーズ一覧

ページの先頭へ