大独身

著者名

清水ちなみ

判型

四六判

定価

1404円(本体1300円+税)

発売日

2004/08/28

ISBN

9784594047696

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

「30歳以上・未婚・子なし」で「負け犬」と呼ばれ、ただでさえ、肩身が狭い思いをしていたのに……。「30歳以上の独身女性の4人に一人は処女である」という衝撃の真実。清水ちなみさんが主宰する「OL委員会」のメンバーの独身女性130人の綿密なアンケートとデータ、そして体験談で構成されています。そこに出てくるのは、「老後の心配」「親の心配」「年金の心配」「すでに口うるさくさえなくなった(諦めてしまった)親兄弟・親戚」……。艶っぽい話はほとんどなく、しみじみしたリアリズムばかり。すべての独身者必読の書です。

著者プロフィール

NoImage

清水ちなみ
東京都生まれ。コラムニスト。「0L委員会」主宰。青山学院大学文学部卒。コンピュータ関係の会社に在職中、OL仲間向けのアンケートを作成。「ペンだこの会(0L委員会)」を結成し、’87年から『週刊文春』に「おじさん改造講座」を連載。’92年より現代俳句「肉体派」主宰も。『大失恋。』『大結婚。』『大不倫。』『大離婚』『大出産。』『大育児』『大独身』……の「女の一生シリーズ」他、『お父さんには言えないこと』など著書多数。

シリーズ一覧

ページの先頭へ