国の壊れる音を聴け

著者名

古森義久

判型

文庫判

定価

785円(本体714円+税)

発売日

2004/10/30

ISBN

9784594048235

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

ベトナム戦争以来世界を駆け巡って報道を続けてきた現場記者の肉声。国家の危機、そして国が音をたてて壊れゆく姿を目の当たりにしつつ発する警告の書。好評『日中再考』の著者が力説する話題の文庫、遂に完成。

著者プロフィール

NoImage

古森義久
1941(昭和16)年、東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。米国ワシントン大学大学院留学。毎日新聞社会部記者、サイゴン・ワシントン両特派員、政治部、編集委員を歴任。87年に産経新聞社に移り、ロンドン・ワシントン両支局長、初代中国総局長を経て、2000年12月からワシントン駐在編集特別委員兼論説委員。<著書>『ベトナム報道1300日』(筑摩書房)、『日米異変』(文藝春秋)、『大学病院でなぜ母は死んだか』(中央公論社)、『北京報道700日』(PHP研究所)、『日中再考』(扶桑社)など。

シリーズ一覧

ページの先頭へ