Lumiere ルミエール

著者名

東野翠れん

判型

B6判

定価

1404円(本体1300円+税)

発売日

2005/02/02

ISBN

9784594048723

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

HIROMIXにカメラの才能を見初められ、その傍らでモデルとして、ボーダフォンのCFで話題を呼び、『ku:nel』、『Lingkaran』、『SPOON.』、『mini』など女性ファッション誌、情報誌で活躍する21歳。本人の手による6年間撮り続けた写真と書き下ろしのテキストで綴った珠玉のフォトエッセイ。切ない視線と声を持つ次世代吟遊詩人の誕生。ミュージシャン・原田郁子、女優・市川実日子も注目の1冊。

著者プロフィール

NoImage

東野翠れん
1983年東京生まれ。骨董商の父とイスラエル人の母のもとに育ち、15歳から写真を撮り始める。その作品が友人のフォトグラファー、HIROMIXの目に留まり、スピッツ、High-Lowsら日本を代表するミュージシャンのポートレートを手掛けることに。その傍ら、モデルとしてもボーダフォンやカゴメのCFに出演し話題をよび、現在ku:nel、Lingkaran、spoon.、miniなどで活躍中。自らがやりたいと思ったことだけをセルフマネージメント(所属事務所なし)で自由にやり続け、そのライフスタイルは数々のメディアで支持されている。今作Lumiereで、6年間撮り続けた写真と書き下ろしの文章で、毎日の暮らしの光と影を描く。

シリーズ一覧

ページの先頭へ