悪女パズル

著者名

パトリック・クェンティン

判型

文庫判

定価

1008円(本体933円+税)

発売日

2005/10/29

ISBN

9784594050481

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

大富豪ロレーヌの邸宅に招待された、離婚の危機を抱える三組の夫婦。彼らに仲直りをしてもらおうとのロレーヌの意図とは裏腹に、妻たちは、1人また1人と謎の死をとげていく…。巨匠クェンティンの初期を飾る、伝説の「パズル」シリーズからの本邦初訳作。45年刊行の「本格の王道」をとくとご堪能あれ!

著者プロフィール

NoImage

パトリック・クェンティン
アメリカ人作家。リチャード・ウィルスン・ウェッブ(1901〜70?)とヒュー・キャリンガム・ウィーラー(1912〜87)の合作ペンネーム(ともにイギリス生まれ)。二人のコンビは、1936年に始まった「パズル」シリーズ以降、52年まで続いた。健康上の理由でウェッブが抜けてからは、ウィーラーの単独ペンネームに。主な作品に『俳優パズル』『女郎ぐも』「二人の妻をもつ男』など。ウェッブには他者との合作もあり、ほかにQ・パトリック、ジョナサン・スタッグなどの名義も使い分ける。本書は「パズル」シリーズの第四作。

シリーズ一覧

ページの先頭へ