アシュリー ~All About Ashley~

著者名

アシュリー・ヘギ

判型

A5変判

定価

1404円(本体1300円+税)

発売日

2006/02/16

ISBN

9784594051143

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

「早期老化症(ルビ:プロジェリア)じゃなければいいのに、なんて思わないわ。わたしは、わたしという人間であることが幸せだもの」
遺伝子の異常により、人の十倍も速く年をとってしまう生まれつきの病気「早期老化症(プロジェリア)」。世界でたった30人〜40人しか患者はいません。患者の平均寿命は13歳。若くして亡くなってしまう運命を背負っているのです。そして、現在もまだ治療法は見つかっていません。フジテレビのドキュメンタリー番組『サイエンスミステリー』で取り上げられたプロジェリアの少女アシュリーは、2005年で14歳になりました。母の再婚で、父親と弟ができたこと。心から慕っていた大親友、ジョンとの悲しい別れ。大きな出来事を通じて、彼女はいま何を思うのでしょうか。
病気について、命について、家族について、親友について、精一杯語ってくれました。プロジェリアであるという現実を見つめながら「わたしは幸せだよ」と笑うアシュリーが生きることの大切さを教えてくれます。

著者プロフィール

NoImage

アシュリー・ヘギ
1991年5月23日 カナダ生まれ。生後3カ月あたりから、皮膚が硬くなり始め、髪の毛が抜け出す。検査漬けの日々を送ったが原因はわからない。ある日、母親ロリーが遺伝子の異常により老化が速く進む病気『プロジェリア』の記事を見つけ、それをきっかけに病気が判明する。それ以降、母とふたりで病気を受け入れ、強く生きてきた。2003年、母の再婚で父親ができ、2004年には念願の弟が誕生。しかし同じ年に、幼い頃から支えあってきた大親友のジョンが亡くなる。悲しみを乗り越えて心のうちを語った本作は、アシュリー初めての著作である。

シリーズ一覧

ページの先頭へ