切り裂かれたミンクコート事件

著者名

ジェームズ・アンダースン

判型

文庫判

定価

1008円(本体933円+税)

発売日

2006/11/30

ISBN

9784594052607

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

18年前に近刊予告が出されながら、刊行されることのなかった幻の『血染めのエッグ・コージイ事件』の続編、ついに本邦初訳。前作での殺人事件でパーティはもうこりごりのバーフォード伯爵。ところが、映画関係者で賑わうオールダリー荘で、再び凶弾が放たれる!本格の王道をひた走る大傑作を堪能せよ!

著者プロフィール

NoImage

ジェームズ・アンダースン
1936年、イギリス生まれ。レディング大学で歴史学を専攻後、セールスマン、コピーライター、フリー・ジャーナリストなどを経て作家に。70年代以降に登場した本格ミステリーの旗手として、高い評価を得ている。おもな作品に、『血染めのエッグ・コージイ事件』(扶桑社刊)、『殺意の団樂』など。「ジェシカおばさんの事件簿」のノベライズも手がけている。

シリーズ一覧

ページの先頭へ