必要悪

著者名

田中森一 著 , 宮崎学

判型

四六判上

定価

1540円(本体1400円+税)

発売日

2007/12/01

ISBN

9784594055233

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

『反転』( 幻冬舎) がベストセラーとなった、現在、石橋産業手形詐欺事件の刑事被告人である田中森一弁護士。最高裁の判決を待つ身である田中氏が、宮崎学氏に全てを語る。

著者プロフィール

NoImage

田中森一
一九四三年長崎県生まれ。岡山大学在学中に司法試験に合格、一九七二年検察官任官。大阪地検特捜部、東京地検特捜部などで活躍後、一九八七年に弁護士に転身。二〇〇〇年に石橋産業手形詐欺事件の被疑者として東京地検特捜部に逮捕・起訴され、現在上告中。

NoImage

宮崎学
1945年京都府生まれ。早稲田大学在学中は日本共産党のゲバルト隊長として名を馳せる。雑誌記者、実家の解体業経営などを経て、その激動の半生を綴った『突破者』(南風社)で鮮烈な作家デビュー。著者に『近代ヤクザ肯定論』などほか多数。

シリーズ一覧

ページの先頭へ