銀行窓口の向こう側

著者名

神保広記

判型

文庫判

定価

700円(本体648円+税)

発売日

2007/12/27

ISBN

9784594055592

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

銀行の支店長まで勤め上げた元銀行マンが明かす、知られざる銀行&銀行員の表と裏。面白くて役立つ実話が満載で、銀行との正しい付き合い方や、上手な“使いこなし方”がよくわかる!

著者プロフィール

NoImage

神保広記
本名・寺田欣司。東京大学法学部卒業後、旧三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)にて支店長まで経験。退職後、シンクタンクに転じて文筆活動を始める。「金融財政事情」「金融ジャーナル」「ニッキン」「近代セールス」「日経BP」などで、銀行マン向け、一般ビジネスマン向けの連載を執筆。大学講師、某学園理事長、某金融機関の顧問等の傍ら、講演活動も行っている。主な著書に「ビジネスマンの知の技術シリーズ三部作」「クリティカルシンキングの技術」(各・オーエス出版)「課長はいらない」(日系BP社)「とことんやさしい法律の本」(日刊興業新聞社)「銀行窓口の向こう側」(小社)など多数。

シリーズ一覧

ページの先頭へ