京の町家
おりおりの季節ごはん

著者名

秦めぐみ

判型

AB判

定価

1728円(本体1600円+税)

発売日

2008/03/07

ISBN

9784594056070

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

築百年以上経つ町家で、祖母や母から伝えられてきた、暮らしの知恵と旬の素材を大切にした家庭料理を、一年を通じて撮影された美しい写真と共にご紹介。心とお腹にしみます。

著者プロフィール

NoImage

秦めぐみ
京都市生まれ。生家は18世紀半ばから近年まで続いた商家で、季節感あふれるみずみずしい料理は、商家で大家族のおだいどこを切盛りした祖母や母から受け継いだもの。秦家住宅は「表屋造り」という町屋の典型であり、京都市登録有形文化財指定。周辺にビルが建ち並ぶ時代の波の中、平成8年から同住宅を一般に公開。見学者を受け入れ、その維持・保存に努めている。月刊『知恩』で「京町屋の風」にエッセイを連載。生活習慣や年中歳時を伝える「くらし体験会」などを催すほか、一日一組限定の料理「秦屋」では母トキさんと季節の味のおもてなしを行う。

シリーズ一覧

ページの先頭へ