中国が隠し続けるチベットの真実

著者名

ペマ・ギャルポ

判型

新書判

定価

792円(本体720円+税)

発売日

2008/06/01

ISBN

9784594056834

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

2008年3月14日、チベットで起きた中国政府に対する抗議デモはなぜ大規模な“騒乱”に発展したのか?そもそも「チベット問題」とは何なのか?中共のチベット侵攻の経緯と真実。

著者プロフィール

NoImage

ペマ・ギャルポ
拓殖大学教授、桐蔭横浜大学客員教授、岐阜女子大学名誉教授、チベット文化研究所所長、 アジア自由民主連帯協議会会長。 1953年、チベット・カム地方のニャロンに生まれる。1959年、中国軍の侵略によりインドに脱出。1965年、日本に移住。1976年、亜細亜大学法学部卒業。1980年、ダライ・ラマ法王アジア・太平洋地区担当初代代表。2005年、日本に帰化。 主な著書に『チベット入門』(日中出版)、『「国」を捨てられない日本人の悲劇』(講談社)、『立ち上がれ日本! 目醒めよ、麗しの国』(雷韻出版)、『犠牲者120万人 祖国を中国に奪われたチベット人が語る 侵略に気づいていない日本人』『中国は消防士のフリをした放火魔』(ともにハート出版)などがある。

シリーズ一覧

ページの先頭へ