笠原将弘の毎日食べたい和食のおかず

著者名

笠原将弘

判型

B5変判

定価

1650円(本体1500円+税)

発売日

2009/04/24

ISBN

9784594059163

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

テレビ、雑誌と活躍の場を広げる料理人笠原。その店『賛否両論』は今も予約が取れないことで有名だ。そんな笠原のシンプルでおいしい、簡単につくれる和のおかずを紹介する。

著者プロフィール

NoImage

笠原将弘
東京・恵比寿にある日本料理店『賛否両論』店主。新宿の『正月屋吉兆』で修業したのち、2004年に自らの店をオープン。以来、独創的な感性と卓越した料理センスで和食界を牽引し続けている。雑誌やテレビでも活躍するほか、学校給食や食をとおしての地域復興に関する活動にも尽力。2013年には『賛否両論 名古屋』、2019年秋には『賛否両論 金沢』をオープン。『笠原将弘の和食道場』『笠原定食』(ともに小社刊)など著書多数。朝の情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)のESSE連動コーナー『笠原将弘のおかず道場』(毎週月曜)に出演中。2020年に料理人人生30周年を迎える

シリーズ一覧

ページの先頭へ