家族がいてもいなくても

著者名

久田恵

判型

四六判

定価

1404円(本体1300円+税)

発売日

2009/05/08

ISBN

9784594059477

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

いずれはみんなおひとりさま。子育てに奮戦し、長期にわたり両親の介護に追われた作家の想うところは? そんな女ごころ、きっとアナタにも心当たりのあることが……

著者プロフィール

NoImage

久田恵
北海道生まれ。上智大学文学部中退。大学中退後アルバイトで生計をたてる。平成2(1990)年、『フィリッピーナを愛した男たち』(文春文庫)で大宅壮一ノンフィクション賞、平成10年に「息子の心、親知らず」で文藝春秋読者賞受賞。著書は『家族がいてもいなくても』(産経新聞出版)、『シクスティーズの日々』(朝日文庫)、『ファンタスティックに生きる』(共同通信社)、『母のいる場所』(文春文庫)、『家族を卒業します。』(ちくま文庫)など多数。「花げし舎」主宰。

シリーズ一覧

ページの先頭へ