小学生が「うつ」で自殺している

著者名

植木理恵

判型

新書判

定価

756円(本体700円+税)

発売日

2009/08/29

ISBN

9784594060237

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

小5男児が病院で首吊り自殺した。彼の心を蝕んだのは紛れもなく「うつ」だった。彼は決して特別な例ではない。気鋭の心理学者による「児童が抱える心の闇」衝撃の臨床ルポ

著者プロフィール

NoImage

植木理恵
1975年大分県生まれ。心理学者、臨床心理士。東京大学大学院教育心理学科を終了後、文部科学省特別研究員として心理学の実証的研究を行う。日本教育心理学会において最難関の「城戸奨励賞」「優秀論文賞」を史上最年少で連続受賞する。現在、都内総合病院心療内科でカウンセリング、慶応義塾大学理工学部教職課程で講師を務める。著書に『シロクマのことだけは考えるな! 人生が急にオモシロくなる心理術』(マガジンハウス)、『ネガティブな自分をゆるす本―ポジティブ・シンキングのとらわれをはずそう!』(大和出版)、『人を見る目がない人』(講談社)など

シリーズ一覧

ページの先頭へ