ガチャピンとムックのものがたり3

著者名

谷川俊太郎 文 , 大野彰子

判型

A4変判

定価

1512円(本体1400円+税)

発売日

2009/12/02

ISBN

9784594060978

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

のんびり暮らしていたガチャピンとムックのもとへ、テレビ局の人間がやってきて…。 大人気ガチャムクがテレビに登場するまでの経緯が谷川俊太郎の手でついに明らかに!?

著者プロフィール

NoImage

谷川俊太郎
1931年東京生まれ。詩人。1952年『二十億光年の孤独』(創元社)で詩人デビュー。試作の他、映画脚本・制作、翻訳、評論等、さまざまな表現活動を行う。62年「月火水木金土日のうた」で日本レコード大賞作詞賞、75年『マザー・グースのうた』で日本翻訳文化賞、83年『日々の地図』で読売文学賞、85年『よしなしうた』で現代詩花椿賞、93年『世間知ラズ』で荻原朔太郎小、2008年『私』で詩歌文学館賞、10年『トロムソコラージュ』で鮎川信夫賞等、数々の賞を受賞。詩集、絵本、エッセイ、対談等、200冊以上の著作をもつ。近著に『トロムソコラージュ』(新潮文庫)、『一時停止』(草思社文庫)、『あなたのひとり旅』(M・B・ゴフスタイン著/現代企画室)、『マグノリアおじさん』(クエンテイン・ブレイク著/好学社)等。

NoImage

大野彰子
イラストレーター。東京生まれ。多摩美術大学卒業後、広告、雑誌やCDジャケット等に作品を提供するほか、TV番組「ポンキッキーズ21」シスターラビッツ(フジテレビ)、「ねえみんな」(福島放送)のキャラクターイラスト制作など、活動の範囲は多岐にわたる。前作の「ガチャピンとムックのものがたり ふたごのせんちょうとふしぎなたまご」ではじめて絵本の制作を手がける。

シリーズ一覧

ページの先頭へ