坊主失格

著者名

小池龍之介

判型

四六判

定価

1404円(本体1300円+税)

発売日

2010/12/24

ISBN

9784594062613

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

ろくでなしの烙印を押された幼少期。太宰治にかぶれ、道化を演じた思春期。破綻した結婚……。話題の僧侶が、淋しさと不安に苛まれた半生と、坐禅瞑想との出会いを赤裸裸に語る。

著者プロフィール

NoImage

小池龍之介
1978年生まれ。月読寺(東京都)、正現寺(山口県)住職。東京大学教養学部卒、2003年、ウェブサイト「家出空間」を開設、お寺とカフェの機能を兼ね備えた「家出カフェ」を主宰。現在、自身の修行を続けながら、一般向けの坐禅指導を行う。著書に『考えない練習』『ブッダにならう苦しまない練習』(小学館)、『超訳ブッダの言葉』(ディスカバー・トゥエンティワン)、『坊主失格』(扶桑社)など

シリーズ一覧

ページの先頭へ