クリスマス・エンジェル

著者名

リサ・マリー・ライス 著 , N.J.ウォルカー 著 , 上中京 訳 , ベラ・アンドレイ

判型

文庫判

定価

926円(本体857円+税)

発売日

2010/11/02

ISBN

9784594062989

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

ナポリで再会した恋人たちを描くリサ・マリー・ライスによる表題作、ベラ・アンドレイの日本向オリジナル作他、計3作品を収録。人気作家たちが聖夜に贈る愛のプレゼント。

著者プロフィール

NoImage

リサ・マリー・ライス
官能的なロマンティック・サスペンスを中心に創作活動を展開。邦訳作品に『真夜中』シリーズ全三冊、『闇を駆けぬけて』『明日を追いかけて』(いずれも扶桑社ロマンス刊)など。

NoImage

N.J.ウォルカー
2004年にデビュー。コミカルでセクシーな作風を持ち味に人気を博している、本作が日本初紹介作品。

NoImage

上中京
関西学院大学文学部英文科卒業。英米文学翻訳家。訳書にライス『真夜中の男】他シリーズ三作、『闇を駆けぬけて』(扶桑社ロマンス)、ケント『嘘つきな唇』、ブロックマン『この想いはただ苦しくて』(以上、ランダムハウス講談社)など。

NoImage

ベラ・アンドレイ
2003年にデビューして以来、ホットで情熱的なロマンスを次々に発表し大評判となる。主な作品に『再会は熱く切なく』(イソラ文庫)、「ラブ・ミー」(扶桑社ロマンス『クリスマス・エンジェル』所収)など。本作を第一作とする〈炎のホットショット〉シリーズはすでに三作が発表されている。夫と子供たちとともにカリフォルニア州に在住。

シリーズ一覧

ページの先頭へ