首都高速の謎

著者名

清水草一

判型

新書判

定価

836円(本体760円+税)

発売日

2011/03/02

ISBN

9784594063672

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

世界初の都市内高速道路として昭和37年に開通した首都高速。その成り立ちや路線拡張の内幕、民営化後の返済計画まで余すところなく網羅した、首都高のすべてがわかる一冊。

著者プロフィール

NoImage

清水草一
1962年東京都生まれ。慶応大学法学部卒。大手出版社勤務の後、フリーライターに。独自の視点を持つモータージャーナリストとして活動する一方、日本の道路行政にも強い関心を持ち、高速道路ウォッチをライフワークとする。著書に『首都高はなぜ渋滞するのか!?』『この高速はいらない。』(共に講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社)など。「民営首都高のあり方を考える懇談会」、「首都高環境ビジョンアドバイザー会議」委員

シリーズ一覧

ページの先頭へ