ゲゲゲの食卓

著者名

武良布枝

判型

A5判

定価

1296円(本体1200円+税)

発売日

2011/03/18

ISBN

9784594063863

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

漫画家・水木しげるさんの妻、武良布枝さんによるレシピの数々が一冊の本に! 夫・水木さんに連れ添って約半世紀。布枝さんは多忙な漫画家をかげで支え、2人の娘を育て上げました。そんな布枝さんが、料理に込めた想いを本書でつまびらかに。家族のためにごはんをつくり続ける喜び、料理をほめられたときの感動を振り返りながら、ぬくもりある家族の姿を改めて教えてくれます。「おいしいよ!」「またつくってあげる!」。食卓での、家族同士のそんなひと声がとっても愛おしくなる一冊。年齢を重ねてなお、精力的に活躍している水木さんの元気の源も、そんな布枝さんの愛情とレシピにあると思わず納得です。 水木家の食べ物事情はもちろん、赤貧時代の布枝さんの苦労話、家族と過ごした懐かしいエピソード、水木家の未公開写真などもふんだんに収録。彩りを添える、水木しげるさんによる家族と妖怪のイラストもまた、ユーモラスでかわいさ満載! レシピ本ではあるけれど、ただページをめくるだけでも何だか心がほっこりします。絵本を眺めるように楽しむのもアリです。

著者プロフィール

1773.jpg

武良布枝
昭和7年、島根県安来市大塚に生まれる。昭和36年、漫画家の水木しげると結婚し上京。2人の娘と孫ひとりに恵まれる。著作に『ゲゲゲの女房』(実業之日本社)、共著に『ゲゲゲの女房と品格の母が語る 知足安分』(学研パブリッシング)がある。

シリーズ一覧

ページの先頭へ