この経済政策が日本を殺す|書籍詳細|扶桑社

この経済政策が日本を殺す

著者名

橋洋一

判型

新書判

定価

778円(本体720円+税)

発売日

2011/06/02

ISBN

9784594064242

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

世界標準からかけ離れた金融政策をとりつづける日銀、増税ばかりを目論む財務省、リーダーシップにかける政府……。凡作、愚策を糺し、復興への処方箋を提示する。

著者プロフィール

NoImage

橋洋一
1955年東京都生まれ。東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。80年、大蔵省(現・財務省)入省。理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員などを経て、現在、金融庁顧問、株式会社政策工房代表取締役会長、嘉悦大学教授。著書に『財投改革の経済学』(東洋経済新報社)、『さらば財務省!』(講談社)、『バランスシートで考えれば、世界のしくみが分かる』(光文社新書)、『高橋教授の経済超入門』(アスペクト)、『官愚の国』(祥伝社)など。

シリーズ一覧

ページの先頭へ