バカで野蛮なアメリカ経済

著者名

藤井厳喜

判型

新書判

定価

842円(本体780円+税)

発売日

2012/03/02

ISBN

9784594065591

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

リーマン・ショック、ユーロ危機という「金融災害」を経てワンワールド主義(=グローバリズム)の欺瞞が明らかになった現在、日本はどこへ向かうべきなのか?

著者プロフィール

NoImage

藤井厳喜
1952年、東京都生まれ。1977年、早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業後、クレアモント大学大学院政治学修士号を取得。ハーバード大学政治学部大学院にて政治学博士課程修了。ハーバード大学交際問題研究所日米関係プログラム研究員・政治学部助手を経て帰国。現在は拓殖大学日本文化研究所客員教授、ケンブリッジ・フォーキャスト・グループ・オブ・ジャパン代表取締役、モンゴル国際経済商科大学客員教授、日米保守会議理事兼事務局長などを務める。世界の征爾経済に通暁し国益を重視する言論への評価が高い。また、1990年代の日本のバブル崩壊、アメリカの株価上昇、2008年の世界金融恐慌を予見するなど先見性への信頼も厚い。著書に『日本人が知らないアメリカの本音』(PHP研究所)、『超大恐慌の時代』(日本文芸社)、『日本はニッポン!』(共著、総和社)など

シリーズ一覧

ページの先頭へ