伯爵夫人の秘かな愉しみ

著者名

ティファニー・クレア 著 , 鮎川由美

判型

文庫判

定価

987円(本体914円+税)

発売日

2013/09/26

ISBN

9784594069230

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

伯爵夫人のエマが脅迫されて赴いた娼館。そこで彼女は、12年ぶりに自らの夫、アズベリー伯リチャードと再会する……。官能歴史ロマンス!

著者プロフィール

NoImage

ティファニー・クレア
2010年、ヴィクトリア朝を舞台にした三部作の第一作『ハーレムに堕ちた淑女』(本書)でデビュー。以後、第二作、第三作を発表し、その力量が注目されている。写真家の夫と二人の子供と共にトロント在住。

NoImage

鮎川由美
英国ニューカッスル大学英語教育法修士課程修了。英語講師の仕事を経て翻訳の道に入る。ロマンス小説の翻訳を多く手がけている。主な訳書に、クレア『ハーレムに堕ちた淑女』(扶桑社ロマンス)など。

シリーズ一覧

ページの先頭へ