~果てしない孤独~
独身・無職者のリアル

著者名

関水徹平 著 , 藤原宏美

判型

新書判

定価

821円(本体760円+税)

発売日

2013/09/26

ISBN

9784594069308

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

就業せず社会との接点も持たないSNEPはなぜ生まれたのか? 約15年にわたり、彼らの支援を行ってきた著者が他人事では済まされない、孤立のメカニズムを明らかにした一冊。

著者プロフィール

NoImage

関水徹平
早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。早稲田大学文学学術院助手、同非常勤講師を経て、現在、立正大学社会福祉学部専任講師。専門は社会学。現代日本を生きる若者たちが、社会変動のなかでどのような困難を経験しながら、その人なりに社会と関わろうとしているのかを「ひきこもり」経験を焦点として研究している。

NoImage

藤原宏美
関西大学経済学部卒業後、民間企業・法律事務所相談員を経て、不登校ひきこもりの子供を対象に一九九八年、メンタルフレンドによる訪問をサポート活動する団体「トカネット」を立ち上げる。翌年(現)NPO法人不登校情報センターと活動を共にして、同センター訪問支援部門「トカネット」として活動を広げる。トカネット代表・NPO法人不登校情報センター理事。

シリーズ一覧

ページの先頭へ